新型フェアレディZ、突然の抽選からの落選……日産広報から連絡来たものの、いまだ販社の正式発表はなし!


 新型フェアレディZの6MT仕様をオーダーしてすでに内金もディーラーに支払った国沢光宏氏に、突如として販売会社の日産東京販売から「抽選になりました」とのハガキが届き、落選したという一報を先日、ベストカーWebでお届けした。その後、日産メーカー側からの説明があったというのだが……。果たしてどうなったのか!?

文/国沢光宏、写真/国沢光宏、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型フェアレディZをオーダーし、内金も入れたのにディーラーから突然の抽選通知で落選……いまだに販社側の正式発表はないが(21枚)画像ギャラリー

■初期ロットの納車の抽選だった……だと!?

日産東京販売から国沢氏に届いた新型フェアレディZ購入に関する抽選を知らせるハガキ。QRコードから当落が判明するとのことだったが……

 新型フェアレディZを注文して内金も支払ったのに突如抽選になってハズレた、という件を先日、ベストカーWebで紹介した。おそらくその後、日産のなかでさまざまな調査が行われたのだろう。8月9日(火)の夕方、日産広報から連絡があって現時点でわかっていることを説明してもらいました。

 まず状況だけれど、日産ディーラー(日産東京販売)から届いたハガキや抽選の結果を見るかぎり、「買えなくなった」としか思えないことは日産側も確認ずみ。

 そのうえで、日産としては「7月31日までに注文いただいたお客様すべてにクルマを用意する」という約束を破る気などないという。じゃ、何の抽選かということになるのだけれど、ここから苦しい答弁になっていく。日産が販社である日産東京販売側から受けた説明によれば、「初期ロットの納車の抽選」とのこと。日産側としては当然ながら「何それ?」と聞き直したらしい。

 ちなみに初期ロットの納車を抽選で決めるなんて話、聞いたことない。考えて欲しい。私は今まで発売前に新型車をオーダーしてきた。遡れば初代NSXの時はシカゴショーでプロトタイプを発表した直後に予約。セルシオもデトロイトショーで見た夕方に予約。MIRAIだって東京モーターショーでオーダーしている。普通、オーダーした順にクルマってデリバリーされるもの。

■騒ぎになったことで日産東京販売は苦しい言い訳を考えた?

これが日産東京販売からのハガキの内容。右下には抽選サイトにつながるQRコードが記載されていた

 日産東京販売のやり方だと、早期にオーダーした人も抽選で外れたらいつ納車になるかわからなくなる、ということ。逆に最初にオーダーした人が納車になる確率が高ければ不正の可能性も出てくる。そして7月下旬にオーダーした人が最初のロットで納車になるということなんだろうか? そんなことあり得ないです。おそらく今回の件で抽選が騒ぎになったため、言い訳を考えたんだと思う。

 日産東京販売としちゃ天然で、「抽選に外れたら残念でした」と考えていたに違いない。されど、どこかのヒョウロンカが記事にしやがり、騒ぎになったため急遽言い訳を考えたという流れ。

 興味深いことに抽選で外れたウェブサイト上での連絡の最後に、「今後の状況につきましては日産の公式発表を待て」と書いてあったけれど、日産側としちゃ少なくとも現時点で何かの公式発表をするという話は聞いていないそうな。

■日産側と日産東京販売の不仲が浮き彫りに

日産東京販売からの抽選サイトには「今後の状況につきましては日産自動車の公式発表をお待ちいただきますようお願いいたします。」との記載が。メーカー側は寝耳に水だった!?

 この件でハッキリわかったのは日産と日産東京販売の不仲ぶり。考えてみて欲しい。7月19日に日産は「全員にお届けする」と公表している。それを知らないワケない。

 一方、日産側は抽選するという話を知らなかったようだ。もっと踏み込むと、日産の評判の悪さは日産東京販売に代表される販売店のお客様対応に根っ子があるのかもしれない。少なくともトヨタのディーラーならあり得ないです。

  興味深かったのは知人からのメール。「半年ほど前に日産東京でGT-R T-Specを注文しましたが、当初から抽選という話で2回も落ちました。その後標準車なら抽選ではないということからピュアエディションを注文したのですが、これも後になって抽選になったと言われて落ちました。しばらくしてから日産プリンス群馬で聞いてみると、標準車は抽選ではなく注文すれば買えたと聞かされたのです」。

 この知人、神奈川日産で新型フェアレディZをオーダーしたという。そして抽選という連絡はなし。何のことはない。私が何も知らずユーザー対応がダメダメな日産東京販売に新型フェアレディZをオーダーしちゃったからこうなったワケ。ただ、騒ぎになったおかげで日産東京販売でオーダーした人はすべて納車されるようになったと思う。この点についちゃ少しだけ貢献できたかと。

次ページは : ■受注した順番から納車するのは当然のことだ!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ