たった2発でロシアのミサイル巡洋艦を沈没させたミサイルとは? 自衛隊の対艦ミサイル装備は?


 現在も進行中のロシア・ウクライナ戦争。今年4月に、ロシア黒海艦隊の旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」が、わずか2発のミサイルにより沈没させられたことが話題になった。モスクワは、1983年就役のかなり古い艦ではあるが、全長186m、排水量1万トン以上の決して「小さくない」艦艇である。そんな艦艇を簡単に沈めてしまうミサイルとは、どのようなものだろうか。

文・イラスト/坂本 明、写真/ウクライナ国防省、航空自衛隊


■対艦ミサイル「ネプチューン」とは?

 ロシア政府は「モスクワ」の沈没理由をミサイル攻撃によるものとは未だ認めていないが、使用されたミサイルは、ウクライナ国産の対艦ミサイル「ネプチューン」と見られる。2014年頃から開発を開始、2021年からウクライナ軍に配備されている(メイン写真:2019年の発射試験で、発射されたネプチューン対艦ミサイル)。

 ネプチューンは地上から海上の目標艦艇に向かって発射される地対艦ミサイルだ。その構成は、USPU-360発射機搭載車両、TZM-360輸送・再装填車両、RPC-360指揮統制車両、特殊輸送車両からなり、RK-360MCネプチューン沿岸防衛システムと呼ばれる。射程など詳しいデータは不明だが、ミサイルは900km/hほどの速度で飛翔し、最大射程は280km程度といわれている。

 システムの開発費用は4000万ドル(約53億円)と非常に安く、システム1式当たりは30億円程度。1つのシステムは発射機搭載車両(発射機4発)と輸送・再装填車両が3セットなので、最低12発のミサイルを発射できる。このミサイル2発で本当にモスクワを沈没させることができたのなら非常にコストパフォーマンスがいい。なにしろモスクワの建造費は約7億5000万ドル(約1000億円)と言われているからだ。

 ちなみに陸上自衛隊が運用する88式地対艦誘導弾は、システム1式で100億円程度といわれる。諸事情が異なるので一概には言えないが、ネプチューンは高度な兵器のわりに非常に安いといえる。

 ところで洋上を航行する艦艇を攻撃するのが対艦ミサイルだが、ひとくちに対艦ミサイルといっても、航空機から発射される空中発射型(ASM:Air to Ship Missile、空対艦ミサイル)、艦艇(潜水艦も含む)から発射される艦上発射型(SSM:Ship to Ship Missile、艦対艦ミサイル)、地上の固定基地または車両から発射される地上発射型(SSM:Surface to Ship Missile/GSM:Ground to Ship Missile、地対艦ミサイル)がある。運用するプラットフォームは異なっても、基本的にミサイルに求められる能力は共通している。

 また対艦ミサイルは航空機のように翼と推進装置を持ち、長距離を自立飛行して目標を攻撃できる巡航ミサイルと大気圏内外を弾道飛翔する弾道ミサイルに分類することもできる。

対艦ミサイルの攻撃方法

■艦艇の防御能力とそれを打ち破るミサイル能力

 そもそも戦闘艦艇は、航空機などと違い、移動速度が遅い。しかもその動きは、平面的なので、狙うほうにとっては、容易な目標といえるだろう。

 しかし、だからといって艦艇は、沈めやすいわけではない。というのも、対空レーダーや対空ミサイルを備えており、高い防御能力を持っているためだ。なかでも、特に防御能力の高いイージスシステム搭載艦では、その防御能力は水中にまでおよぶ。

 そのため対艦ミサイルには100km~300km以上にも及ぶ射程の長さや敵のレーダーの探知高度よりも低高度を飛翔できるなどの能力が求められるのだ。

 対艦ミサイルはプラットホームから発射され飛翔姿勢と高度が安定するまでの初期誘導、入力されたデータに基づいてINS(慣性誘導装置)で自立飛行したりGPSなどの外部情報で修正しながら飛翔を行う中間誘導、目標に接近しロックオン、IR(赤外線)ホーミングやアクティブレーダーホーミングで目標に突入する終末誘導の3段階で誘導される。終末誘導がホーミング誘導なのは、艦艇は船体が大きくレーダーを反射しやすいのと、常に熱を放出しているためである。

 ところで、現代の戦闘艦も昔の戦艦や巡洋艦のように防御のための装甲が施されているかというとそうではない。対艦ミサイルの威力が増して1発で軍艦を撃沈できるようになった現代では、艦に装甲を施すような防御法は効果がないからだ。しかも小型で高速、海面をはうようにして飛翔してくるミサイルは探知・撃墜がむずかしい。

対艦ミサイルの仕組み

 そこでミサイルが命中しないように複数の対空防御システムを装備して艦隊や個艦防御を強化する。イージスシステムが開発されたのも対艦ミサイルの脅威によるところが多い。

次ページは : ■航空機から攻撃する空対艦ミサイル

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ