合流する時ウィンカーは右に出す? 左に出す? 意外な答えはこれだった!

合流する時ウィンカーは右に出す? 左に出す? 意外な答えはこれだった!

 Y字路での合流の際、ウィンカーをどちらに出すべきか迷ったことはないですか?

 進む方向は同じなのに自分と前のクルマが出しているウィンカーの方向が真逆なんて経験をしたことのある人も少なくないはず。今回、長年の悩みを一挙に解説! まじでコレは読んで!

文/斎藤優太、写真/AdobeStock(トップ画像=Sumire@AdobeStock)

【画像ギャラリー】交差点なのか? 付加車線なのか? そこがキーポイントだ!! 運命のウインカーは右か左か!?(4枚)画像ギャラリー

■「交差点」か「付加車線」かで対応が異なる

合流する時ウィンカーは右に出す? 左に出す? 意外な答えはこれだった!
本線へ合流するウインカーをどちらに出すべきなのかは、「交差点」と「付加車線」の意味を理解することが大切(umaruchan4678@AdobeStock)

 本線へ合流するウインカーをどちらに出すべきなのか知るためには、「交差点」と「付加車線」の言葉の意味を理解することがポイントです。

 運転中に悩むY字型の道路は、交差点なのか、付加車線なのか、どちらなのでしょうか。まず、それぞれの言葉の意味を確認してみましょう。

 交差点は、道路交通法に「2つ以上の道路が交わる部分」と定義されています。そのため、T字路もY字路も十字路もすべて交差点です。交差点でのウインカーは、曲がりたい方向、つまり、ステアリングを操作する方向に出します。

 付加車線とは、本線と並行して設置されている道路のことです。道路構造令では、車線に付加される追越しのための車線を「付加追越車線(登坂車線、屈折車線、変速車線を除く)」と定義しています。しかし、世間一般で言われる「付加車線」については道路構造令に定義されていません。

 また、NEXCO東日本では、本線への合流をスムーズにするための車線やIC・出口などに直結する本線と並行する道路などを「付加車線」として設置している場合があります。

 この付加車線は、渋滞の緩和や交通の安全性を向上する目的で設置されました。高速道路にある付加車線は、加速車線や減速車線など変速車線を延長させた形状になっていることも多く、本線と付加車線を間違えてしまう可能性が高いです。

 そのため、標識や標示で付加車線を知らせたり、道路を色分けしたりすることで、走るべき車線を間違えないよう対策しています。なお、付加車線でのウインカーは、進路変更と同じです。

 法律の定義や実際の道路で運用されている付加車線をまとめると、「付加車線は本線の左右どちらかに付加されている道路で、本線と並行して設置されている車線」となります。

次ページは : ■ウインカーの向きばかりか出すタイミングも異なる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ