デカいにもほどがあるだろ! 車載ディスプレイがこれでもかと巨大なクルマ8選


 ひと昔前までは、「デカい画面のカーナビ付けたいなあ」なんてあこがれたものだが、いまやクルマのインテリアに大型ディスプレイは当たり前。カーナビはもちろんオーディオやエアコンの操作もそこに統合されつつあるし、速度や回転数を表示するインストルメントパネル自身も急速に液晶化が進んでいる。

 こうした流れの原因は、将来の自動運転実現に向けて、乗員によりリッチなコンテンツを見せる必要性が高まっているためだが、いっぽうではいちいち物理スイッチを作るよりも安い操作系が作れるといった理由もあるようだ。

 ということで今後も車載ディスプレイの大型化は進みそうだが、世界に目を向けるとすでに「ここまでやるか!」というクルマが登場している。そこでベストカーWebが独断で選んだ「車載ディスプレイがでかいクルマ」を8台+α紹介しよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、Rivian、Porsche、Tesla、Fiscar、Lucid、GM、Mercedes Benz

【画像ギャラリー】未来感満載の巨大ディスプレイ搭載車(14枚)画像ギャラリー

第8位:リヴィアンR1S(16インチ)

デカいにもほどがあるだろ! ディスプレイがこれでもかと巨大なクルマ8選
リヴィアンR1S

 リヴィアンはアメリカで2009年に創業したEVメーカー。ピックアップトラックとSUVに特化しているため、物流用途として目を付けたアマゾンが大株主となり、近年株価が暴落して大きな評価損を出したことはニュースにもなった。

 ビジネス動向はさておき、そのリヴィアンはR1TというピックアップとR1SというSUVを市販しており、どちらもメータークラスターとセンターコンソール上部に横型ディスプレイを備えている。とくにセンターコンソール部のものはサイズが16インチとPC並みで、あらゆる操作をこのディスプレイで行う。Android AutoとApple CarPlayに頼らない独自のOSを使っている点が特長だ。

第7位:ポルシェ・タイカン(16.8インチ)

デカいにもほどがあるだろ! ディスプレイがこれでもかと巨大なクルマ8選
ポルシェ・タイカン

 スポーツカーの巨人ポルシェが送り出したEVタイカンは、いっけん911風にも見えるダッシュボードに大量の液晶を鬼のように配置している。センターコンソール部分に10.9インチ、エアコン制御用に8.4インチ、さらに助手席前方にも10.9インチのタッチスクリーンを備えているのだが、極めつけはドライバーの前方に収まる16.8インチの曲面メータークラスター。表面には本物のガラスを使用しており、蒸着偏光フィルターによる反射防止コーティングも施したというぜいたくな一品だ。

第6位:テスラ・モデルS(17インチ)

デカいにもほどがあるだろ! ディスプレイがこれでもかと巨大なクルマ8選
テスラ・モデルS

 EVの世界に圧倒的な存在感を築いているテスラ。フラッグシップのモデルSは、ダッシュボード中央部に縦長ディスプレイを備えてデビューしたのだが、2021年にマイナーチェンジを受けてディスプレイが横長へと変更された。

 シネマティックディスプレイと呼ばれるこのタッチスクリーンは、2200×1300ピクセルという高解像度を誇り、ナビの地図表示から映画、ゲーム画面までを美しく表示する。それにしてもバックや前進といったシフト操作までタッチスクリーンに追いやってしまったテスラには、クルマを変革しようという強い意志を感じる。

第5位:フィスカー・オーシャン(17.1インチ)

デカいにもほどがあるだろ! ディスプレイがこれでもかと巨大なクルマ8選
フィスカー・オーシャン

 わずか0.1インチの差でテスラを上回ったのはフィスカーの電動SUVオーシャン。フィスカーとは聞きなれない名前だが、かつて「カルマ」というプラグインハイブリッドをデザインしたヘンリック・フィスカーが2016年に起こしたEV専業メーカーだ。

 オーシャンはその市販第1号モデルで、iPhone製造で知られる台湾企業「鴻海(フォックスコン)」が車両の基幹技術を提供したといわれる。センターコンソール部分に鎮座するタッチスクリーンも鴻海製なのだが、なんと回転式で、走行中は縦長として情報を表示するいっぽう、充電時などは横長に表示させて映画などが楽しめるそうだ。

次ページは : 第4位:ルシード・エア(34インチ)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ