もはやスポーツカーの新常識!? 前後異形タイヤのメリットとデメリットとは


 一般的に乗用車は前後に同じタイヤを装着して販売される。それによってタイヤの管理がしやすくなるといった利点があるからだ。例えば前後のタイヤを入れ替えてローテーションを行うことで、摩耗が均一化してタイヤライフを伸ばすことができる。

 ところが一部のスポーツモデルでは、前後に異なるサイズのタイヤが装着されている。その狙いを解説しよう!

文/藤田竜太、写真/NISSAN、ベストカー編集部、Adobe Stock(トップ画像=Juerg@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】FR車の後輪はけっこう重労働なんです!! ましてや大馬力ともなると!! 前後異サイズタイヤの理由(8枚)画像ギャラリー

■タイヤローテーション不可! 前後のタイヤサイズが違うクルマたち

新型日産 フェアレディZ。前後異なるサイズのタイヤを装着している

 F1マシンやスーパーGTの車両を見ると、フロントタイヤよりリアタイヤの方が大きいクルマが主流だ。一方、市販の乗用車の場合は大半が前後同サイズのタイヤだが、一部のスポーツカーはレーシングカーと同じように、前後異なるサイズのタイヤだったりする。

 例えば、新型フェアレディZ(RZ34)のバージョンSTは、フロント255/40-19、リア275/35-19の組み合わせ。GRスープラはフロント255/35-19、リア275/35-19だ。

 前後同サイズにすれば、部品も共有化できて、コストも下げられ、タイヤローテーション(前後のタイヤを入れ替えることでタイヤの摩耗を均一化する)も可能になる。良いことずくめな気がするが、なぜわざわざ前後異サイズのタイヤを採用するのか。

 簡単にいうと、これらのクルマは前後のタイヤで仕事量に大きな差があるため。リアに大きいサイズのタイヤを履くクルマは、後輪駆動の大パワー車がほとんど。RZ34は405馬力のFRだし、GRスープラも387馬力のFR。

 RRのポルシェ911ターボはもっとわかりやすい例で、重たいエンジンをリアに載せ、なおかつエンジンパワーも大きいので、リアタイヤにかかる負担が極端に大きく、タイヤにかかる負担に見合ったサイズになるよう、リアタイヤのサイズをアップすることで、前後バランスをフォローした。

 だったら、リアに合わせてフロントも大きなサイズにすればいいのに、と思うかもしれないが、タイヤは太ければ太いほどいいわけでなく、ステアリング感覚やワンダリング(路面の状態によって発生するふらつき)、乗り心地、コストなどは、細いタイヤの方が有利。

 太いタイヤを履くとハンドルの切れ角が制限されることにもなるし、後輪駆動車のフロントタイヤなら、操舵力を伝え、荷重を支え、制動力を伝えるだけのキャパがあれば十分だ。

 一番大事なことは前後のバランスがとれていることなので、自動車メーカーはわざわざフロントにオーバースペックのタイヤを履かせるような設計はしない。大パワーの後輪駆動車が、前後異サイズのタイヤを装着理由はここにある。

■R35GT-Rのタイヤサイズの秘密

4WDは四輪同一サイズのタイヤを履くのが基本だが、日産 GT-R(R35)は例外で、前後異サイズタイヤとなる。これはGT-Rの4WDシステムによる

 ところで、上記のRZ34やGRスープラは、前後異サイズといっても、ホイールサイズは前後とも19インチで違うのは幅だけ。この2台はFRのハイパワーモデルだが、ミッドシップになるとタイヤ幅だけでなく、ホイール径まで違う車種もある。

 これも狙いは変わらない。タイヤは外径が大きくなるほど負荷に耐える能力が高くなるので、エンジンを後方に搭載してリアがヘビーなミッドシップやRRは、リアに大径タイヤを履かせてタイヤのキャパシティを増やし、トラクションを確保しているというわけだ。

 4WD、とくにフルタイム4WDのクルマは、四輪同一サイズのタイヤを履くのが基本。前後でタイヤサイズが異なると、回転差が生じ、センターデフや電子制御系などに支障が出やすくなるからだ。

 例外は日産のR35GT-R。R35はフロント255/40Z-20、リア285/35-20という、FR車のようなタイヤサイズが選ばれている。

 第二世代のGT-Rは、R32からR33、R34と、4WDのセオリー通りに前後同サイズのタイヤだったのに、R35からはリアタイヤをサイズアップする手法を採用した。

 これはGT-Rの4WDがフルタイム4WDではなく、トルクスプリット4WDだったことが大きい。つまり、ストレートやブレーキング、ターンインまでは基本的にFRで、コーナー立ち上がりでリアのトラクションが不足すると、フロントにもトルクが配分される。

 GT-Rは、ほとんどの時間、FRとして走っているわけで、そのGT-Rが500馬力、600馬力とハイパワー化してきたことで、ハイパワーFRに倣って、リアタイヤのサイズアップを取り入れたのだ。

 ちなみに、フロント255/40Z-20、リア285/35-20とタイヤの幅は違っても、タイヤの外径は前後で4mmしか変わらない。タイヤ外径で4mmの違いは誤差の範囲で、同径サイズといってもいいだろう。

次ページは : ■FFスポーツがフロントタイヤを太くするのはアリ?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ