【ハリアー、CX-5、エクストレイル…】 国産ミドルクラスSUVの最優良車はどれ!?


CR-Vが復活を遂げ、フォレスターもフルモデルチェンジを果たしたほか、CX-5も新たに直4の2.5Lターボ車を追加するなど、かつてないほどの活況を呈している国産ミドルクラスSUV。

世界中で売れ筋モデルとなっているミドルクラスのクロスオーバーSUVだが、国産だけでも実に選びがいのあるカテゴリーだといっても過言ではないだろう。

ここでは各社の代表的な主力モデル8台について、渡辺陽一郎と松田秀士の自動車評論家両氏に厳しくチェックしてもらった。CR-Vの再登場で、果たして勢力図は変わったのか?

※本稿は2018年9月のものです
※各評価項目は10点満点での採点

文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年10月26日号


■HONDA CR-V

●渡辺 陽一郎の評価

安定性と乗り心地は満足できる。操舵感も正確だ。シティ派SUVの典型だから、悪路走破力は高くない。注目されるのは居住性で、ターボで選べる3列目シートは、SUVの中では快適だ。価格は割高で30万円は安くしたい。

●松田秀士の評価

海外先行販売! ま、ターゲットは海外なのだからしかたない。で、海外で煮詰めた乗り味は、まさに現代のホンダらしさを持った静かなキャビンとストローク感のある足。1.5ターボは低中速で力持ち、高速で若干ノイジーだ。

価格:323万280〜436万1040円
全長:4605mm
全幅:1855mm
全高:
1680mm
ホイールベース:2660mm
ラインナップ:1.5Lターボ、2Lハイブリッド

■SUBARU フォレスター

●渡辺陽一郎の評価

2.5Lエンジンは充分な性能を発揮して、ハイブリッドにも不満はない。新しいプラットフォームで安定性もいい。悪路走破力にも相応に配慮した。居住性は前後席ともに広くて快適だ。ライバル車に対抗すべく価格は割安にした。

●松田秀士の評価

いかにもスバルらしい窓が広く視界バツグン。インプレッサ供用の新型プラットフォームは、ロール軸を重心により近づけてロール剛性を上げている。そのぶんバネレートをソフトに振って乗り心地などを稼ぎ、しかもロールを抑えた。

価格:280万8000〜309万9600円
全長:4625mm
全幅:1815mm
全高:1715mm

ホイールベース:2670mm
ラインナップ:2.5L NA、2Lハイブリッド

次ページは : ■MAZDA CX-5

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ