なるか下剋上!? 兄貴分より強い弟分モデルを探せ 同門対決 8選


 クルマを買うときに重視するポイントはどこだろう? 走り、快適性・乗り心地、静音性、安全性・安全装備、車格……。あるいはそのいくつか、またはすべてだろうか。

 ひとつひとつのポイントは、またそれを見る人によっても評価が分かれる。そんななかで絶対的な尺度となるのが価格だが、時には「あれっ? 価格は安いけど、こっちのほうがよくないか?」と思うようなモデルがあるのも事実なのだ。

 そこで今回は編集部から同一メーカー内における「こんな下克上対決アリじゃないすか?」を提案、国沢光宏氏、渡辺陽一郎氏のモータージャーナリストお二人に徹底検証してもらった。

 果たして同一メーカー内での下克上はなるか。

※本稿は2018年9月のものです
文:国沢光宏、渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年10月10日号


【TOYOTA/LEXUS対決】 クラウン 3.5L → レクサス LS500h

●レクサス LS500h…1121万4000円〜1680万5000円
●トヨタクラウン 3.5L…623万7000円〜718万7400

(TEXT/国沢光宏)

 クラウンの3.5L、V6ハイブリッドとLS500hのパワーユニットはまったく同じ。なのにクラウンが623万円スタートで、LSは1120万円スタート。500万円差となる。そして車重差400kg! スペックと価格を並べたら、もうまったく違うクルマのように思う。そして当然のごとく「LSのほうがずっといいクルマなんでしょうね!」と考えることだろう。

 しかし! この2車を乗り比べてみると、楽しさでもクルマの奥ゆきでも、クラウンに軍配を上げたくなってしまう。

 もちろん見た感じの質感や、静粛性、インテリアの上質感でLS優勢なのだけど、クルマとしてのレベルはクラウンのほうが私からすれば高い。そもそもハンドル握っていて圧倒的に楽しいです。というかLS、ハンドル握ってると、けっこう不満あるのに対し、クラウンはない。日本における高級車としてのイメージだって、クラウンとLSで大差ない? けっこうな下克上です。

【下克上度判定…80点】

 後席の快適性も重視されるモデル同士だが、レクサスLSはその後席が狭いと評価される。では走りはどうかというと、そちらも高い評価とは……。マイチェンでの大幅改良を期待します。

【NISSAN対決】 ノートe-POWER → リーフ 

●リーフ…315万360円〜403万2720円
●ノートe-POWER…142万1280円〜264万600円 ※NISMOは除く

(TEXT/国沢光宏)

 ノートもいいクルマだと思う。走り出しは滑らかなモーター。アクセル踏むと超スムーズに走り出す。しかし! すぐエンジン始動し、爽やかな気分に水を差す。ノートにかぎらず、すべての“モーターだけで走り出すハイブリッド”に共通するガッカリ感です。

 片やリーフは当たり前ながら最後までエンジンかからない。走り出してから止まるまで徹底的に爽やか。電気自動車の気持ちよさは、長く乗ってると、よ〜くわかります。

 さらにノートとリーフじゃ車格も違う。ノートはBセグメントだからボディ剛性だって普通。したがって150万円級のクルマである。リーフのプラットフォームってCセグメントだし、重いバッテリーを搭載するためボディ剛性は猛烈に高い。ラリー車を作った時も、ボディ補強いっさいナシでミシリともしないクルマに仕上がった。高いお金出したぶんのよさや質感はキッチリ持っている。ノートの下克上は叶わず。

【下克上度判定…20点】

 人気モデルとはいえ、ベース車のあるノートe-POWERにオリジナルボディのリーフを打ち倒すだけの力はなかったようだ。でも人気はノートが圧倒的に上。

次ページは : 【HONDA対決】 N-VAN → フリード+

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ