なぜ受けなかった!? 革新的&個性的だったはずが…大失速したクルマたち

なぜ受けなかった!? 革新的&個性的だったはずが…大失速したクルマたち

 多くの人にとって必要だが、決して安くないモノの代表が自家用車だ。こうした理由から、こだわりのあるクルマ好きを除き、一般的には個性は薄いが堅実で信頼性の高いクルマが選ばれている。

 だが、そんな“普通車”のなかには異端のモデルも存在する。ここでは、特殊なコンセプトを採用したクルマや国内で製造された海外モデルなど、登場前には大いに期待されていたものの、実際には成功できなかった悲運のクルマたちを見ていきたい。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ、ホンダ、マツダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】姿を消したことが惜しまれる名車たち(12枚)画像ギャラリー

あまりの革新性に時代が追いつかず?「トヨタ iQ」

なぜ受けなかった!? 革新的&個性的だったはずが…大失速したクルマたち
リッターカーでありながら革新的なコンパクトさで登場したトヨタ iQ。後に1.3リッターモデルも追加されるが、それが売り上げ向上にはつながらなかった

 主に街中の短距離移動に用いられるクルマをシティコミューターと呼ぶ。シティコミューターの特徴はコンパクトなことで、1、2人の搭乗と、それほどたくさんの荷物を積まないことを前提にデザインされている。その代表が1997年に登場したスマートで、その全長の短さと、思いきりのいい2人乗り設定などで注目を集めた。

 そんなスマートをお手本にしたかのようなモデルがトヨタからリリースされた。2008年発売のiQは、3mを切る全長ながら、3+1のシート構成を実現し、車幅は5ナンバー枠の1680mmと、なんとも変わった縦横比のモデルだった。

 軽自動車ではなく普通車で、初期モデルには1リッターの3気筒エンジンを搭載。それなのにホイールベースはぴったり2mというiQは、市街地での走りやすさや駐車時の利便性などを追求した結果、こうした“寸詰まり”フォルムになったわけだが、既存の同系統モデルに対して大きなエンジンと余裕のある車幅により、他にはない強烈な個性を発揮した。

 実際のiQは、その縦横比からは想像できないほどの走行安定性が確保され、発表直後はメディアからの評価も上々だった。2008年の日本カー・オブ・ザ・イヤーも受賞しているが、実は同賞の発表はiQの販売よりわずかに早く、それだけこのiQが期待されていたことがわかる。

 だが、期待を一身に背負って登場したiQの販売成績は振るわなかった。発売当時の日本国内での価格はローグレードで129万円と同時期の軽自動車より高く、さらに普通車のコンパクトカーでは同じトヨタのパッソをはじめ、強力なライバルが数多く存在していた。

 全長を切り詰めすぎたゆえに荷物を載せにくく、車体価格や維持費では軽自動車に対して不利になるiQの国内販売は伸びず、頼みの綱のヨーロッパでもあまり売れなかった。そうした理由もあり、iQの販売は2016年に終了となった。

 すでに多くの軽自動車が事実上のシティコミューターとして活躍している状況では、いかにiQの出来が良くても、市場に定着する余地はなかったのかもしれない。

打倒プリウスを目指しながらもシリーズは終焉に「ホンダ インサイト」

なぜ受けなかった!? 革新的&個性的だったはずが…大失速したクルマたち
シリーズ最後のモデルになった3代目ホンダ インサイト。インパクトの大きかった初代モデルに比べると普通の外観になったが、個性が薄れてしまったとも言える

 トヨタが1997年に発売した世界初の量産型ハイブリッドカーのプリウスは、世界の自動車業界に衝撃を与えた。そしてこの初代プリウスが達成した28km/L(10・15モード)という優れた燃費性能は、後発のモデルに対して大きなハードルとなった。

 そんななか、1999年にホンダからも同社初の量産型ハイブリッドカー・インサイトにデビューする。プリウスの対抗馬となるインサイトは、当時の量産車最高となる35km/L(10・15モード)の燃費性能を発揮し、その高性能をアピールした。

 しかし、インサイトの実現した低燃費は、涙ぐましい努力の結果によるものだった。目標の燃費性能実現に向けて、インサイトでは大胆な軽量化設計をとり入れていたのだ。

 モノコックはオールアルミ製で、ボディにもアルミとプラスチックを使用。シートは運転席と助手席のみにするなど、極端な軽量化により、重量のあるバッテリーを搭載しながら初代インサイトの車重は820kgに仕上げられた。

 主に軽量化によって当時最高の燃費性能を実現したものの、それが仇となって初代インサイトの実用性は高いとは言えなくなり、結果的に販売成績は低迷してしまった。超低燃費を謳い、販売前の期待が大きかったにもかかわらず、その失速ぶりもまた大きかった。

 2009年に登場した2代目以降のインサイトは、車名こそ同じものの路線を変更して巻き返しを図るが、ヒットと呼べるほどの売り上げを残せなかった。さらに既存のホンダ車にハイブリッドモデルが増えたこともあって、2022年にシリーズの販売を終了した。

次ページは : 短命に終わったバブルの落し子「マツダ ユーノス プレッソ」

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ