パトカーマニアが激アツ解説、新型クラウンはパトカーになれるか?「むしろウェルカム」

■「クロスオーバー」の新型クラウンパトカーが登場する可能性は?

 歴代クラウンはフルモデルチェンジ後、すぐにパトカー仕様が登場するのではなく、2年後のマイナーチェンジ後のモデルで初めてパトカー仕様が設定されてきた。これは、過酷な使用条件のパトカーでの信頼性を担保するため、初期トラブルなどを対策したマイチェン後のモデルをベースとするためだろう。

いよいよ2022年9月1日より、全国で発売となった新型クラウン「クロスオーバー」。白黒ツートンカラーもあることだし、ぜひパトカーに採用してほしいが…

 こう考えると、新型クラウンクロスオーバーのパトカー仕様が登場するとしても、早くとも2年以上先の話となる。

 では、クロスオーバータイプとなった新型クラウンでパトカー仕様が開発されるのか? 

 これはなかなか判断が難しい。これまでも都道府県警が独自に導入するパトカーでステーションワゴンのステージアの交通取締り用覆面があったし、国費ものでも山間部用としてSUVの白黒パトカーの導入例はある(エクストレイルなど)。ただし、クラウンのような全国配備の規模ではない。

 一方で、新型クラウンクロスオーバーを新しい4ドアセダンの形、ととらえれば特にパトカー仕様として排除される理由もない。警察庁が提示する「仕様書」から大きく離れてもいないし、むしろ最低地上高が高いことで機動力は高まり、パトカーとしての使い勝手が高まる、ともいえる。

新型クラウンは「クロスオーバー」となったことで、車高が上がって乗降性は大幅にアップ。トランク容量もしっかり確保されているので、白黒パトカーに採用されるのに、なんの支障もない

 後席のビニールレザー張りなどは、パトカー仕様専用車を設定すれば簡単に対応は可能だろう。実際、東京都(警視庁)独自の導入だが、現行型カムリの交通取締り用覆面パトカーがすでにある。

 新型クラウンのプラットフォームのベースはカムリと共通で、2.5Lハイブリッドシステムはカムリと同じだし、車体サイズなどもカムリに近い。採用実績から、カムリが今後の全国大量配備パトカーとなる可能性もあるが、やはりクラウンという名の持つ安心感は絶大なものがある。クラウンクロスオーバーのパトカーが全国配備される可能性は大きいといえるだろう。

■来年以降登場するクラウンセダンとクロスオーバー、どちらがパトカーに?

 クラウンには今後セダンも追加される予定で、こちらがパトカーになるのではないかという予想もあるが、クラウンセダンは全長が5mを超え、ホイールベースは3000mmと大きい。取り回し性を考えると、やはりクロスオーバーのほうがパトカーには向いているといえる。

これはベストカーWeb編集部が出来心で作った、新型クラウンセダン白黒パトカー仕様の予想CG。めちゃくちゃ似合っているし迫力も満点なので、ぜひ(要人警護用でもいいので)登場させてほしい

 新型クラウンセダンは要人警護用パトカーとして採用される可能性は高いが、警ら用や交通取締り用として大量配備されるのはクロスオーバー、となるのではなかろうか。

 クロスオーバーには2.5Lハイブリッドのほかに、ハイパフォーマンスな走りが自慢の2.4Lターボハイブリッドの設定もある。これが交通取締り用に採用される可能性もある。

【画像ギャラリー】秘蔵CGも披露!! 新型クラウンは本当にパトカーに向いているか? クロスオーバーとセダンをじっくり見比べてチェック!!(23枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ