パトカーマニアが激アツ解説、新型クラウンはパトカーになれるか?「むしろウェルカム」


 2022年9月、いよいよ発売開始となった新型クラウンクロスオーバー。そしてパトカー好きにとってクラウンといえば、もちろん即「パトカーに採用されるかどうか」だ。クラウンは伝統的にパトカーとして採用され続けている。はたして「クロスオーバー」となった新型クラウンは、パトカーとして採用されるのだろうか。あるいは2023年内に姿を現すであろう新型クラウン「セダン」のほうがパトカーに採用される可能性が高いのか。それぞれの可能性を検討してみた。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部(スクープ班)、三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

【画像ギャラリー】秘蔵CGも披露!! 新型クラウンは本当にパトカーに向いているか? クロスオーバーとセダンをじっくり見比べてチェック!!(23枚)画像ギャラリー

■従来型クラウンは「パトカー専用モデル」が型式認定されている

 そもそも歴代クラウンには「パトカー専用仕様」がメーカー側で設定されていて、型式指定を受けている。一般市販グレードをパトカー仕様に改造しているのではなく(つまり他メーカーのパトカーのように、市販モデルをパトカー仕様に改造しているわけではなく)、最初からパトカー用の基本装備を搭載して、その仕様で型式指定を受けているのだ。

パトカー好きにとっては、「クラウンといえばパトカー」。なるほど確かに。画像は14代目クラウン(S210型)の白黒パトカー。新潟県警所属のパトカーだが、2021年夏の東京オリンピック時に都内で警備にあたってくれた車両

 過去には日産セドリックもパトカー仕様が型式指定を受けており、クラウンと並んで全国配備のパトカーの2大主要車種となっていた。

 一般的にパトカーと呼んでいるあの警察車両、専門的には【無線警ら車】と呼ばれ、全国の警察本部や警察署などに配備され事件や事故の通報により現場に急行したり、文字通り警らのために街中や住宅地などを走って犯罪の抑止や発見などの活動をする。

 そしてもう一つ、運転者にとって気になる存在が【交通取締用四輪車】だ。これは交通機動隊や高速隊に配備され、主に交通違反の取り締まりなどに用いられる。交通取り締まり用覆面パトカーもこの中に含まれる。

画像は「先代型」にあたる15代目クラウン(S220型)の白黒パトカー

 歴代クラウンは【無線警ら車】、【交通取締用四輪車】それぞれ型式指定を受けており、警察庁が一般入札によって一括購入する、いわゆる「国費もの」の大多数を占めているのだ。

 また、警察庁がパトカーの一般入札を実施する際、「仕様書」が提示される。そこには排気量が2500cc以上であることや、定員が5名以上であること、前席の座面から天井までの高さが900mm以上であることなどの要求仕様が示されている。

 トランクルームの容量に関する仕様も示されており、これが現在の220系クラウンでは不足しており、一時期「220系クラウンはパトカーとして採用されないのでは?」と言われたが、本年初頭ごろより配備が進み、現在全国で見るようになっている。クラウンはパトカー仕様を開発するにあたり、この仕様に合致するようにしているのだ。

■「クロスオーバー」の新型クラウンパトカーが登場する可能性は?

 歴代クラウンはフルモデルチェンジ後、すぐにパトカー仕様が登場するのではなく、2年後のマイナーチェンジ後のモデルで初めてパトカー仕様が設定されてきた。これは、過酷な使用条件のパトカーでの信頼性を担保するため、初期トラブルなどを対策したマイチェン後のモデルをベースとするためだろう。

いよいよ2022年9月1日より、全国で発売となった新型クラウン「クロスオーバー」。白黒ツートンカラーもあることだし、ぜひパトカーに採用してほしいが…

 こう考えると、新型クラウンクロスオーバーのパトカー仕様が登場するとしても、早くとも2年以上先の話となる。

 では、クロスオーバータイプとなった新型クラウンでパトカー仕様が開発されるのか? 

 これはなかなか判断が難しい。これまでも都道府県警が独自に導入するパトカーでステーションワゴンのステージアの交通取締り用覆面があったし、国費ものでも山間部用としてSUVの白黒パトカーの導入例はある(エクストレイルなど)。ただし、クラウンのような全国配備の規模ではない。

 一方で、新型クラウンクロスオーバーを新しい4ドアセダンの形、ととらえれば特にパトカー仕様として排除される理由もない。警察庁が提示する「仕様書」から大きく離れてもいないし、むしろ最低地上高が高いことで機動力は高まり、パトカーとしての使い勝手が高まる、ともいえる。

新型クラウンは「クロスオーバー」となったことで、車高が上がって乗降性は大幅にアップ。トランク容量もしっかり確保されているので、白黒パトカーに採用されるのに、なんの支障もない

 後席のビニールレザー張りなどは、パトカー仕様専用車を設定すれば簡単に対応は可能だろう。実際、東京都(警視庁)独自の導入だが、現行型カムリの交通取締り用覆面パトカーがすでにある。

 新型クラウンのプラットフォームのベースはカムリと共通で、2.5Lハイブリッドシステムはカムリと同じだし、車体サイズなどもカムリに近い。採用実績から、カムリが今後の全国大量配備パトカーとなる可能性もあるが、やはりクラウンという名の持つ安心感は絶大なものがある。クラウンクロスオーバーのパトカーが全国配備される可能性は大きいといえるだろう。

次ページは : ■来年以降登場するクラウンセダンとクロスオーバー、どちらがパトカーに?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ