HVはバッテリー上がり救援車になれない!?? 知って得するカーライフお助け術 5選

HVはバッテリー上がり救援車になれない!?? 知って得するカーライフお助け術 5選

 仕事でクルマを毎日運転する方や、日常の足として使っている人にとって、クルマは身近な存在。しかし「灯台下暗し」ともいうように、身近なものは意外に知らないことも多く、また、技術の進化や世の中の流れの中で、クルマは日々変化しつづけていることから、クルマに関心がある人でも、意外に「知らなかった」ということも。知っているとちょっと得する、クルマの豆知識をいくつかご紹介しましょう。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_Krakenimages.com
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】知っているとちょっと得する、クルマのマメ知識5選(8枚)画像ギャラリー

給油口が右側か左側かは、メーターパネルをみればわかる

 レンタカーなど、普段乗りなれないクルマに給油をするとき、いざ、給油ノズルのある計量機に横付けしようとして、「あれ、そういえばこのクルマの給油口、どっちだっけ!??」とわからなくなることがあるかと思います。自身の愛車であっても、最近のクルマは燃費がよいので給油の間隔が開きがちであることから、毎回忘れてしまう…という人もいるでしょう。

 給油口がどちら側にあるかは、メーターパネルの燃料ゲージにある、ガソリンスタンドの計量器のようなイラストをみればわかります。そこにある三角マークで示されているほうが、給油口のある側。規格で決められた表示ではないため、ついていない車種もなかにはありますが、近年のクルマは国産車でも輸入車でも、ほぼすべて表示がされています。知っていると、乗りなれないクルマでも落ち着いてガソリンスタンドに入ることができますね。

多くのハイブリッド車は、バッテリー上がりを救援することはできない

 クルマに関するトラブルで、常に上位にランクインされる「バッテリー上がり」。JAFによると、2021年に救援要請をうけた出動のうち、約40.7%がバッテリー上がりだったそうです。

 バッテリー上がりは、JAFに要請しなくても、ブースターケーブルで他のクルマのバッテリーとつないで救援してもらうことも可能ですが、実は多くのハイブリッド車は、救援してもらうことはできても、他のクルマを救援することはできません。バッテリー上がりを起こしたクルマを救援すると、相手のクルマのエンジンがかかった瞬間、救援車(ハイブリッド車)側へも大きな電流が流れることで、ハイブリッドユニットが誤作動を起こし、故障する可能性があるクルマがあるからです。

 トヨタ「アクア」の取扱説明書にも、「この車の救援用端子は、他の車から応急的に補機バッテリーを充電するためのものです。この救援用端子を使用して、他の車のバッテリーあがりを救援することはできません。」と記載されています。

 また、ハイブリッド車の補機バッテリーは専用バッテリーであり、通常のガソリン車の12Vバッテリーを使うことはできませんので、こちらも注意してください。

SAとPA、実は明確な違いはない

 高速道路で長距離移動していて、「そろそろ休憩を…」となったとき、少しでも施設が充実しているところをもとめて、パーキングエリア(PA)ではなく、サービスエリア(SA)を探すこと、ありませんか。しかし、パーキングエリアでも、休憩所やレストランなどが充実している場所もあり、「このパーキングエリア、イメージよりも立派だった」なんてことも。実は、サービスエリアとパーキングエリアは、施設の大きさで区分されているものではありません。

 国土交通省によると、サービスエリアとパーキングエリアの違いは、「提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係によって区分」されており、一般的に、サービスエリアには、休憩所、駐車場、トイレに加えて、売店や食堂、給油所が備わっており、パーキングエリアには駐車場とトイレ、必要に応じて売店が備わっている、とのことです。

 パーキングエリアとサービスエリアは、高速道路を建設する際に、パーキングエリアはおおよそ15km間隔、サービスエリアはおおよそ50km間隔を目安に設置したもの。ユーザーの利用状況に応じて、パーキングエリアでも、施設が充実している場所もありますが、施設が充実したからといって、パーキングエリアがサービスエリアに名称が変更になることもないようです。

次ページは : タイヤの状態チェックは、残り溝のほか、刻印も確認せよ!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ