三菱ピックアップトラック 世界40年の系譜 武骨でタフ一筋40年!!!


2018年11月、三菱自動車はピックアップトラック「トライトン」の大幅なマイナーチェンジを発表した。「トライトン」自体は2代目だが、海外での販売名「L200」というピックアップトラックの系譜としては、フォルテ、ストラーダに続く5代目となる。

初代のL200(初代フォルテ)が発表されたのが1978年。つまりL200の歴史としては、今年はちょうど生誕40周年目の節目の年となる。三菱の世界販売の大きな柱のひとつであるL200、ピックアップトラックの歴史を紐解いてみよう。

※本稿は2018年10月時点の原稿に適宜修正を加えています
文:ベストカー編集部/写真: MITSUBISHI、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


■三菱世界進出の大きな柱

三菱のイメージリーダーカーは時代によって変遷が著しい。

ギャラン、ギャランGTO、ランサーターボなどのスポーツモデルが中心だった時代から、パジェロ、デリカスペースギアに代表されるクロスカントリー4WDを経て、ランエボをはじめとするラリー車のイメージが突出した時代も経験。そして、今は電動車が中心となっている。

年齢層によって「三菱の名車といえば?」に対する答えが大きく変わってくるのがこのメーカーの特徴といえる。

しかし、グローバルに目を向けると、三菱にはひとつ大きな柱があることがわかる。それがピックアップトラックなのだ。

今年9月に三菱の1トンピックアップトラックが生誕40周年を迎えた。1978年にデビューした初代フォルテから数えての40年。

日本では今やピックアップトラックは見る影もない状況だが、海外では今も人気カテゴリーのひとつとして君臨しており、三菱のピックアップも揺るぎない地位を守り続けているのだ。

■初代フォルテ/L200(1978年)

三菱が世界に進出するために誕生した最初のピックアップトラックで、メインは海外だが日本でも販売。車名の「フォルテ」はイタリア語で「強い」を意味した。発売2年後の1980年にはパートタイム式4WDを追加し、のちのパジェロ、デリカに繋がっていく。

次ページは : ■2代目ストラーダ/L200(1986年)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ