三菱新型トライトン 世界初披露 え!? なにこれカッコいい!!

■新型トライトンは世界約150カ国で販売

2018年11月9日、三菱自動車は世界戦略車である1tピックアップトラックトライトン/L200をタイ・バンコクで世界初披露し、同国で11日17日(土)より販売開始する、と発表した。大幅なマイナーチェンジの実施となる。

新型トライトン / L200(欧州での販売名)は、タイにおける生産・販売会社ミツビシ・モーターズ・タイランドのレムチャバン工場で生産。タイをはじめとするアセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米などに順次展開し、最終的には約150ヶ国で販売する計画の世界戦略車となる。

そして残念ながら、現時点で日本での導入計画はない。

三菱トライトンは2005年8月に現行型がタイで発売され、2006年9月より日本導入開始、2011年8月に日本販売が終了した、という経緯をもつ。ご覧の通り、大変かっこいいので、7年ぶりに(少数でいいので)輸入販売を再開してくれないか、と考えてしまう。

エンジンラインアップは、2.4Lディーゼル(4N15型)と2.4Lガソリン(4G64型)の2本立て。ラダーフレームの堅牢なボディに衝突軽減ブレーキもしっかり装備しているというから、なかなか話題になるのではないか。350万円くらいで発売できれば、それなりに売れるのではないか。昨年トヨタのハイラックスも復活したことだし、ぜひ!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ