レクサス対アイサイト対日産!!?? 上級SUVの衝突軽減ブレーキ完全チェック

自動ブレーキといえばスバルのアイサイトが有名だ。しかし近年多くのメーカーが開発力を集中しており、信頼性や安心感、価格の手頃さなどをすごい勢いで上げてきた。ではどこの自動ブレーキなら性能がよいのか。300万円オーバーのクルマなら一安心なのか? レクサスならどうだろう?

ここでは300万オーバーのSUV 8台を集めその自動ブレーキ性能を徹底検証してみた。「【ジムニー CX-5 ヴェゼル…】 300万円で買える! 衝突軽減ブレーキで選ぶSUV決定戦」とともご覧いただきたい。

※採点は国沢氏による10点満点での評価
※「対歩行者・遮蔽物あり」試験は独立行政法人自動車事故対策機構が行っているJNCAPの試験のひとつ。大人のダミーと子どものダミーを歩行者に見立てた試験で、結果がHPの動画で公開されている車種は、その動画での試験速度を写真内に赤字で明記した。
※本稿は2018年10月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


SUBARU レガシィアウトバック

価格帯:329万4000〜356万4000円

・クルマ評価……6
・自動ブレーキ評価……8
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……14.8km/L
●2.5L 水平対向4 

このクルマが登場した2014年くらいまではダントツ性能の自動ブレーキシステムだったアイサイトver.3ながら、基本的に性能向上を行っていない。もちろん停止している車両に対する自動ブレーキ性能は依然として世界TOPクラスながら、JNCAPの試験をみると遮蔽物ありの歩行者が厳しい。

大人ダミーで30km/h。子どもダミーは試験忌避ということで安定しないんだと思う。これはカメラの視野角の問題とのこと。夜間については見えていればブレーキを掛けにいくということで、街中なら有効だと思う。

MAZDA CX-8

価格帯:319万6800〜419万400円

・クルマ評価……8
・自動ブレーキ評価……10
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……17.0〜17.6km/L
●2.2L Dターボ 

CX-8も現在販売しているモデルの自動ブレーキは夜間の歩行者を検知できないタイプながら、10月25日に行われる年次改良で(ガソリン2.5Lターボが追加される)、マツダ最新の自動ブレーキにバージョンアップされる。マツダの凄さは、年次改良レベルでも自動ブレーキを新しいタイプにしてくること。基本的にフルモデルチェンジするまで放置というホンダの姿勢とまったく違う。

あっという間にすべて最新型の高性能自動ブレーキを装備するモデルラインナップになります。

●対歩行者・遮蔽物あり → 子ども40km/hクリア

HONDA CR-V

価格帯:323万280〜436万1040円

・クルマ評価……5
・自動ブレーキ評価……8
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……14.6〜25.8km/L
●1.5Lターボ ●2L HV 

最新の『ホンダセンシング』なのかと思っていたら違いました。現時点、ホンダで一番性能高いのは夜間の歩行者も検知して自動ブレーキを掛けるN-VANのシステムである。CR-Vも同じボッシュのシステムを使っているのだけれど、N-VANよりも微妙にハードが古いのだという(したがってソフトのバージョンアップじゃ対応できない)。

とはいえシビックと同じシステムということでJNCAP試験の遮蔽物あり子どものダミーは40km/hで止まれる可能性大。大人のダミーも40km/hです。充分合格点のシステムだ。

日本では2年ぶりの復活となった新型CR-V。ボディサイズは全長4605×全幅1855×全高1680mmと、先代型よりひとまわり以上大きくなった

インテリアは木目調パネルをあしらうなど、上質感を追求。ガソリンターボエンジン車には3列シートの7人乗り仕様が採用されたのも新型CR-Vの大きな特徴

TOYOTA ランドクルーザー

価格帯:472万8240〜683万6400円

・クルマ評価……8
・自動ブレーキ 評価……7
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……6.7〜6.9km/L
●4.6L V8 

このクルマの自動ブレーキシステムは古い世代の『プリクラッシュセーフティ』となるが、ランクルプラドと同じレーダー+単眼カメラというシステム。ランクルとランクルプラドは安全システムをすべてまとめて『セーフティセンス』と呼ぶ。超ややこしいです。

性能はランクルプラドと同等だと思えばよい。SUV用タイヤを履いているわりには、JNCAPの試験では停止車両に対し50km/h接近で完全停止するなど頑張っている。遮蔽物ありの歩行者も30〜35km/hくらいだと思っておけば間違いなかろう。

TOYOTA ランドクルーザープラド

価格帯:353万8080〜536万3280円

クルマ評価…8
自動ブレーキ評価……7
緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
JC08モード燃費……9.0〜11.2km/L
●2.8L Dターボ ●2.7L直4 

自動ブレーキはカタログでは『セーフティセンス』でなく古い世代の『プリクラッシュセーフティ』となっているが、システムを見るとレーダー+単眼カメラというセーフティセンスPと同じ内容になっている。JNCAPの歩行者試験を受けていないものの、遮蔽物あり歩行者にも対応しており、同じシステムを使うC-HRやハリアーのスペックを見ると30〜35km/hで止まれる実力を持っているように思う。

ただプラドはタイヤがクロカンタイプなので、自動ブレーキ性能はもう少し厳しいかもしれません。

LEXUS RX

価格帯:497万2000〜769万円

・クルマ評価……5
・自動ブレーキ評価……7
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……11.2〜18.8km/L
●2Lターボ ●3.5L HV 

高価なクルマなので素晴らしい自動ブレーキかといえば、そんなことない。トヨタでいう『セーフティセンスP』のまんま使っており、価格的なライバルであるボルボXC60と比べたら圧倒的に厳しい。

なかでも納得できないのは歩行者事故の70%を占める夜間に対応できていないこと。またNXにもいえることながら、JNCAPの遮蔽物ありの試験モードだと子どもに対しブレーキを掛けられないようだ(試験を忌避している)。なる早でクラウンやアルファードなどと同じ新世代にバージョンアップすべき。

●対歩行者・遮蔽物あり → 大人35km/h クリア

LEXUS NX

価格帯:441万1000〜597万1000円

・クルマ評価……4
・自動ブレーキ評価……7
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……12.4〜21.0km/L
●2Lターボ ●2.5L HV 

レクサスといえばトヨタより上級の自動ブレーキシステムを採用してるんじゃないかと期待するが、トヨタとまったく同じ。NXでいえばベースになったハリアーと同等だと思っていい。ちなみにJNCAPで試験を受けているのはマイナーチェンジ前のレーダー単独システム。停止している車両に対し25km/hで接近しても追突しちゃうという役立たずの自動ブレーキです。

現在販売しているのはレーダー+単眼カメラのトヨタで言う『セーフティセンスP』。昼間に限り歩行者にも対応している。

LEXUS LX

価格帯:1115万円

・クルマ評価……4
・自動ブレーキ評価……7
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……6.5km/L
●5.7L V8 

このクルマもハードはトヨタのランクルとまったく同じ。レーダー+単眼カメラの『セーフティセンスP』だと思えばいいだろう。LXの世代のセーフティセンスPは、JNCAP試験の遮蔽物ありの歩行者モードでは子どもが検知できない(セーフティセンスPの試験データはすべて子どものダミーを忌避している)。

1000万円級のクルマだけに、年次改良のタイミングでバージョンアップすべきだろうが、レクサスの開発チームはノンビリしているように思う。もう少し社会性を持って欲しい。

ランクルをベースに開発されたレクサスSUVの最高峰。ランクルより大排気量の5.7L V8エンジンを搭載し、ボディは全長5mを超える

上質な本革シートなどを採用するインテリア。エアコン、シートヒーターなどの各機能を一括して連動&作動させる「レクサスクライメイトコンシェルジュ」を装備する

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ