レクサス対アイサイト!? 上級SUVの衝突軽減ブレーキ完全チェック


自動ブレーキといえばスバルのアイサイトが有名だ。しかし近年多くのメーカーが開発力を集中しており、信頼性や安心感、価格の手頃さなどをすごい勢いで上げてきた。ではどこの自動ブレーキなら性能がよいのか。300万円オーバーのクルマなら一安心なのか? レクサスならどうだろう?

ここでは300万オーバーのSUV 8台を集めその自動ブレーキ性能を徹底検証してみた。「【ジムニー CX-5 ヴェゼル…】 300万円で買える! 衝突軽減ブレーキで選ぶSUV決定戦」とともご覧いただきたい。

※採点は国沢氏による10点満点での評価
※「対歩行者・遮蔽物あり」試験は独立行政法人自動車事故対策機構が行っているJNCAPの試験のひとつ。大人のダミーと子どものダミーを歩行者に見立てた試験で、結果がHPの動画で公開されている車種は、その動画での試験速度を写真内に赤字で明記した。
※本稿は2018年10月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


SUBARU レガシィアウトバック

価格帯:329万4000〜356万4000円

・クルマ評価……6
・自動ブレーキ評価……8
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……14.8km/L
●2.5L 水平対向4 

このクルマが登場した2014年くらいまではダントツ性能の自動ブレーキシステムだったアイサイトver.3ながら、基本的に性能向上を行っていない。もちろん停止している車両に対する自動ブレーキ性能は依然として世界TOPクラスながら、JNCAPの試験をみると遮蔽物ありの歩行者が厳しい。

大人ダミーで30km/h。子どもダミーは試験忌避ということで安定しないんだと思う。これはカメラの視野角の問題とのこと。夜間については見えていればブレーキを掛けにいくということで、街中なら有効だと思う。

MAZDA CX-8

価格帯:319万6800〜419万400円

・クルマ評価……8
・自動ブレーキ評価……10
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……17.0〜17.6km/L
●2.2L Dターボ 

CX-8も現在販売しているモデルの自動ブレーキは夜間の歩行者を検知できないタイプながら、10月25日に行われる年次改良で(ガソリン2.5Lターボが追加される)、マツダ最新の自動ブレーキにバージョンアップされる。マツダの凄さは、年次改良レベルでも自動ブレーキを新しいタイプにしてくること。基本的にフルモデルチェンジするまで放置というホンダの姿勢とまったく違う。

あっという間にすべて最新型の高性能自動ブレーキを装備するモデルラインナップになります。

●対歩行者・遮蔽物あり → 子ども40km/hクリア

次ページは : HONDA CR-V

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ