【ジムニー CX-5 ヴェゼル…】 300万円で買える! 衝突軽減ブレーキで選ぶSUV決定戦


今、軽自動車から大型車まですべての市販車で最も重要な機能のひとつが衝突被害軽減ブレーキ(以下、一般慣習にならってここでは「自動ブレーキ」と称す)。

もはやクルマ選びでもこの点は見逃すことはできない。そこで売れ線のSUVを自動ブレーキ性能に主眼を置いて評価してみた。今回は下値が300万円台のクルマ14台をチョイス。

さぁ、“買い”のSUVはどれだ?

※採点は国沢氏による10点満点での評価
※「対歩行者・遮蔽物あり」試験は独立行政法人自動車事故対策機構が行っているJNCAPの試験のひとつ。大人のダミーと子どものダミーを歩行者に見立てた試験で、結果がHPの動画で公開されている車種は、その動画での試験速度を写真内に赤字で明記した。
※本稿は2018年10月のものです
文:国沢光宏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


TOYOTA C-HR

価格帯…229万〜292万9200円

・クルマ評価……8
・自動ブレーキ評価……7
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・JC08モード燃費……15.4〜30.2km/L
●1.2Lターボ ●1.8L HV

トヨタの新世代プラットフォームTNGAを採用したSUVで基本的にはプリウスに近いクロスオーバーモデル。採用されている自動ブレーキシステムはトヨタではひと世代古いレーダーと単眼カメラを組み合わせた『セーフティセンスP』。停止車両に対するブレーキ性能は問題ないレベルながら、歩行者の検知能力がクラウンやアルファードなどが採用する最新式のセーフティセンスに届かない。

マイナーチェンジでバージョンアップしてくるかどうかは、間もなく行われるプリウスの大幅刷新を見れば予想できると思う。

●対歩行者・遮蔽物あり → 大人30km/h クリア

SUZUKI ジムニー/ジムニーシエラ

価格帯…145万8000〜184万1400円

・クルマ 評価……10
・自動ブレーキ評価……6
・緊急自動ブレーキの検知対象……クルマ・人(昼)
・WLTCモード燃費……13.2〜16.2km/L
●658ccターボ ●1.4L直4 

コンチネンタル社製の赤外線レーザー+単眼カメラというシステムを使う。2つのセンサーがユニットになっているという低コストで簡単に付けられるシステムのため、トヨタや三菱自動車などさまざまなメーカーが使っている。JNCAP試験をみると性能は停止している車両に対し50km/hで接近して自動停車可能。遮蔽物ありの歩行者も車種によって異なるものの30km/h前後で停止可能(夜間は対応外)。コスパを考えたらまぁまぁです。

ただアダプティブクルコンは組み合わせることができません。

次ページは : MAZDA CX-3

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ