どうしちゃったのマツダよ!! 入魂のCX-60が硬すぎる……エンジニアの「狙い」は消費者に届くのか

どうしちゃったのマツダよ!! 入魂のCX-60が硬すぎる……エンジニアの「狙い」は消費者に届くのか

 なにかと話題のマツダのCX-60。縦置き直6エンジンにFRレイアウト、それだけでも注目度は抜群の存在だ。しかし試乗レポートなどでは賛否両論。マツダらしい尖ったクルマ作りはすばらしいのだが、実際のところはどうなのよ!?

 もちろん開発陣がこだわりにこだわったクルマなのは分かる。けれどそれを評価するのは自動車評論家でもなければレーシングドライバーでもない。一般の消費者に正しい思いは伝わるのか!?

 ということで愛車はロードスターNR-A、さらに新型シビックタイプRも買っちゃったイケイケな伊藤梓氏が徹底チェックしました!! マツダは好きだけど評価はキッチリとしていまっせ!!

文/伊藤 梓、写真/MAZDA

【画像ギャラリー】切れ味鋭いが使い手を選ぶ!? マツダ CX-60は希代の業物か!? それとも妖刀か!?(6枚)画像ギャラリー

■直6縦置きFR……クルマ好き垂涎のマツダ CX-60を味わう

2022年9月15日、マツダ CX-60が待望の発売開始となった。まずはe-SKYACTIV D搭載モデルからの登場となる
2022年9月15日、マツダ CX-60が待望の発売開始となった。まずはe-SKYACTIV D搭載モデルからの登場となる

 ことクルマの走りや美しいデザインにおいては、並々ならぬ情熱を注ぐのがマツダという会社だ。その信念は、クルマがどんな形になっても変わらない。

 新しく登場したミドルサイズのSUVであるCX-60もその例に漏れないようだ。直6エンジンを縦置きにして、後輪駆動をベースにした、クルマ好きなら垂涎のモデル……。はたして、その性能は一体どんなものなのだろう。実際に試乗しながらその性能を探ってみることにした。

 CX-60のサイズは、全長4740×全幅1890×全高1685mmで、CX-5とCX-8の間に位置する。実際に目の当たりにすると、その実寸より迫力があると感じた。その大きな要因は、幅の広さとノーズの長さだろう。

 これまでのマツダ車は、SUVでもノーズが前方に伸びた流麗な表情が多かったが、CX-60はフロントをスパッと切ったように平らなフォルムになっている。

 その先端から「直6エンジンが詰まっていますよ」と言わんばかりに長ーいノーズが伸びていて、ボンネットもかなり高い位置にある。このボリューミーなフロントフェイスがCX-60をより迫力ある印象にしているのだろう。

 そして、ひと目で気に入ったのは、インテリア。ドアを開けた途端に上質な空間が広がっている。

 メーター類やステアリング、液晶パネルなどのデザインはいたってシンプル。しかし、高級な家具のように、それらを形づくるラインが洗練されていて、その表皮にも上質なファブリックや革が与えられている。シートのステッチも、やりすぎず上品にまとまっているところが好印象だ。

 「このインテリアが嫌いだという人を見つけるのは難しいだろう」と思うくらい、これまでのマツダ車の中でもトップクラスの美しいインテリアになっている。

次ページは : ■e-SKYACTIV Dで高効率と運転の楽しさを両立!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ