怒涛の新車価格値上げ! トヨタはいつ値上げ?「値上げしても値引きするでしょ」の真相


 新車価格の値上げが相次いでいる。2022年7月1日、三菱自動車は8月1日からデリカD:5とミラージュの新車価格を値上げすると発表した。値上げ額はデリカD:5が8万8000円、ミラージュが3万3000円。

 トヨタは8月1日に実施したカムリの一部改良で、価格を1万円高めた。ベーシックなXは、メーカーの発表した改良の内容に該当しないが、価格を従来の348万5000円から349万5000円に変更。ただし、トヨタは”値上げ”したというアナウンスはしていない。

 マツダは8月4日、CX-30とマツダ3を6万6000円値上げすると発表。

 日産は8月22日、ノートを今秋から4400~4万4000円値上げすると明らかにした。さらにリーフの値上げも発表され、現在の価格による受注を9月22日に停止するという異例の措置をとった。まだ値上げ時期や値上げの幅については決まっていないという。

 スバルは8月25日、フォレスターの一部改良に併せて値上げした。従来から用意されているツーリングやXブレイクなどのグレードは、ライトのスイッチ切り替えを一部変更して価格を5万5000円高めた。改良を行ったから値上げしても不思議はないが、5万5000円となれば改良に伴う価格換算額を上まわる。

 ウクライナ情勢や144円台と急速に進んだ円安などを受け、鋼材や希少金属といった原材料などが値上がりしており、こうした車両価格に反映する動きが広がっている。

 そこで、今後の値上げはどうなるのか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカーweb編集部、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱

【画像ギャラリー】新車価格を値上げした三菱、マツダ、スバル、日産の各クルマを見る!(7枚)画像ギャラリー

■単純な値上げは日本の商習慣に合わない!?

三菱自動車は8月1日からデリカD:5を全グレード一律8万8000円値上げした。
フォレスターは一部改良に併せて5万5000円値上げした

 各メーカーの動向を見ると、単純な値上げはほとんど実施されていない。冒頭で述べた三菱は、改良せずに値上げしたが、その理由は「デリカD:5とミラージュは、当分の間、変更する予定がないから」だという。つまり一般的な値上げは、フォレスターやカムリのように、改良の実施と併せて行う。

 まだ、三菱やマツダ、スバルのように”値上げ”を発表していないトヨタの関係者からは「単純な値上げは日本の商習慣に合わないから」といった話も聞かれる。要は国内市場では価格に対する関心が高く、機能の向上を伴わない単純な値上げは、売れ行きに悪影響を与えるわけだ。

 特に軽自動車/コンパクトカー/ミニバンといった売れ筋カテゴリーは、競争の激しい分野でもあるから、ユーザーは機能や装備と価格のバランスを注意深く確認して買うか否かを判断する。値上げをしたことで売れ行きが下がり、むしろ逆効果になる可能性もある。

 冒頭で述べたミラージュはコンパクトカー、デリカD:5はミニバンでいずれも売れ筋カテゴリーだが、この2車種は事情が少し異なる。ミラージュの2022年上半期(1~6月)における1ヵ月平均登録台数は約280台で、ヤリス(ヤリスクロスとGRヤリスを除く)の約6500台に比べると4%程度だ。ミラージュは売れ行きが既に伸び悩み、ライバル車との競争関係も薄れている。

 デリカD:5は1ヵ月平均で約1300台を登録するから、高価格車では売れ行きが堅調だ。競争関係も生じそうだが、デリカD:5は外観が野性的で、悪路走破力はミニバンのナンバーワンになる。個性が強く、販売面ではライバル競争がほとんど生じない。

 発売から15年が経過したこともあり、販売店では「デリカD:5のお客様には、同じ仕様を何台も乗り継ぐファンが多い」という。デリカD:5は、値上げを行っても売れ行きに悪影響が生じにくいわけだ。

 輸入車にも同様のことが当てはまる。価格よりも運転感覚やデザインなどの趣味性が強いカテゴリーで、本国のメーカーが価格を判断する事情もあり、フォルクスワーゲン、アウディ、メルセデスベンツ、BMW、プジョー、シトロエン、ジープ、ボルボなどは値上げを比較的頻繁に行う。

 そもそも値上げの原因は、主に原材料費や輸送費の高騰だ。この背景には、新型コロナウイルスやロシアのウクライナ侵攻があり、直近では円安傾向が大きな影響を与えている。

次ページは : ■今後の値上げの見通しは? 値引きで対処する?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ