日本を愛した日本のクルマ「カローラ」強さの秘訣は「変われる強さ」歴代派生車3選

日本を愛した日本のクルマ「カローラ」強さの秘訣は「変われる強さ」歴代派生車3選

 世界累計販売台数はなんと5,000万台超、トヨタが誇るメガブランド、トヨタ「カローラシリーズ」。世界150カ国以上で販売されており、セダンやワゴン、ハッチバック、SUV、国によっては車幅を拡げたモデルなど、多種多様なスタイリングでラインアップされている。

 カローラの基本ボディといえばセダンだが、これまでには、様々なボディバリエーションが登場している。「時代の声に応じて変わり続けること」で生き残ってきたカローラシリーズから、個性的な3車種を振り返ってみよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】時代にあわせて、さまざま変化する トヨタ「カローラ」の派生車たち(34枚)画像ギャラリー

なす型ボディが特徴!! 「カローラスパシオ」

 1997年に登場した、初代カローラスパシオ。お笑い芸人の「爆笑問題」のテレビCMが印象的だったカローラスパシオは、フロント部分にはカローラの面影が若干あったものの、その姿はまるで茄子のようにぷっくりとしたスタイル。当時流行のミニバンよりもコンパクトだが、背が高いトールワゴンであり、十分に荷物を載せることができた。3列目シートのあるグレードも用意されていたが、全長4.2mと短いカローラスパシオでは、3列目はかなり窮屈にならざるを得ず、実用性は皆無だった。

 2001年5月には2代目へとフルモデルチェンジ。全長は10cmほど伸ばして4.3mとしたことで、3列目の空間を改良。俳優の豊川悦司さんと夏帆さんによるテレビCMでは、娘の友達たちをいれた7人が3列シートのスパシオへ全員乗り込むシーンを流し、課題を解消したことをアピールしていた。2代目カローラスパシオは、2007年6月まで販売された。

 セダンやハッチバックといった正統派スタイルが多かったカローラ像から逸脱し、トールワゴンとなったカローラスパシオは、シリーズの中でも、異端児的な存在であった。

フロント部分にはカローラの面影が若干あったものの、その姿はまるで茄子のようにぷっくりとしたスタイルだったスパシオ(写真は初代スパシオ)
フロント部分にはカローラの面影が若干あったものの、その姿はまるで茄子のようにぷっくりとしたスタイルだったスパシオ(写真は初代スパシオ)

ちょっと大きめで角ばったボディが特徴的だった「カローラルミオン」

 カローラスパシオと入れ替わるかたちで、2007年に登場したのがカローラルミオンだ。丸いボディだったスパシオから一転、2000年代当時に大流行していた日産キューブのような角ばったボディと、トールワゴンの組み合わせで登場、キャッチフレーズは、「ゴツンとルミオン」だ。

 カローラルミオンは、北米市場の若者向けの低価格ブランド「サイオン」で「xB」として販売するようにつくられたモデルであり、そのため全幅は1760mmと3ナンバーサイズ。プラットフォームもカローラよりもちょっと大きい、オーリスをベースとしていた。全長も4.2mと、同社で同時期に販売されていた「bB(2000年~2016年)」よりも40cmほど長く、そのぶん2列目シートも余裕があった。

 エアロパーツでキメた「エアロツアラー」のスタイリングはなかなかカッコよかったが、ボディの大きさの割に、3列目シートがないこと(使われなくとも用意すべきだった)、後席ドアがヒンジ式だったことなど、3列シートミニバンには敵わず、いまいち人気の波に乗れなかった佳作カローラでもあった。

次ページは : 赤のリトラがかっこよかった!! 「カローラII」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!