【なぜ高い??】N-BOX、NSX、シビックら高額疑惑ホンダ車11台を調査!!


今年1〜9月の登録車+軽自動車(商用、貨物除く)のブランド別シェア。1位は当然トヨタだったのだが、ホンダが16.5%で2位となった。これだけなら「ホンダ、よかったねえ」で済む話なのだが、問題はその「内訳」だ。

車種別の販売台数上位15台を見てみる(下記を参照)と、なんとホンダ車でランクインしたのはN-BOX(1位)とフィット(15位)の2車種のみ。N-BOXの飛び抜けた販売台数、そしてフィットが15位ということを考えると、ほぼ「N-BOX頼み」ともとれる現状が浮かび上がる。

どうしてこうなってしまったのか? ホンダらしさが薄れてきたというのもあるのかもしれない。しかし今回ここでフォーカスしたいのは、「らしさ」と同じくらい深刻な問題として聞こえてくるようになった「ホンダ車は高い!」という声である。

本当にホンダ車は高いのか? という訳で、高額疑惑のかかるホンダ車11車種をベストカーでピックアップ。コスパの鬼、自動車評論家の渡辺陽一郎氏に、その「高すぎ度」を評価してもらった。

〈2018年4月〜9月 車種別販売台数〉

1位…ホンダ N-BOX(11万7100台)
2位…スズキ スペーシア(7万3606台)
3位…日産 ノート(6万3303台)
4位…ダイハツ タント(6万3273台)
5位…日産 デイズ(6万3177台)
6位…トヨタ アクア(6万2220台)
7位…ダイハツ ムーヴ(6万1141台)
8位…トヨタ プリウス(5万4388台)
9位…ダイハツ ミラ(5万2992台)
10位…スズキ ワゴンR(5万625台)
11位…日産 セレナ(4万7472台)
12位…トヨタ ヴィッツ(4万6213台)
13位…トヨタ カローラ(4万6114台)
14位…トヨタ ルーミー(4万4414台)
15位…ホンダ フィット(4万1929台)

※本稿は2018年10月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月26日号


1位 NSX(2370万円)

GT-R NISMOの1870万200円を凌ぐNSX。先日のマイチェンで、シャシー関係のセッティングが見直された。鍵は2370万円するクルマとは思えぬ質素さ

ホンダの販売会社のホームページには、NSXの車両情報が掲載されていない。年間の販売計画が100台で、実質的に買えないからだ。この状態でNSXは、販売を終えて改良を受ける。

ハイテクの塊で、加速力を含めた走行性能は凄いが、運転感覚が無機的だ。車両と対話しながら、綱渡りのように絶妙なバランスを保ちつつ、カーブを曲がる情緒は乏しい。

2370万円の価格も割高だが、生産台数が少ないために、納車待ちが長く、欲しくても買えないNSXのファンも多い。そこにつけ込み、200万円以上も高い中古車も売られている(ただし、もちろん「高くてもいいものはいい」、あるいは「値段相応の性能だ」という意見も多く、別記事ではNSXの「ホンダ車らしさ」を感じるポイントも挙げられている)。

高すぎ度……100

2位 クラリティPHEV(588万600円)

100kmを超えるEV走行可能距離を誇る。クルマに対する評価は高いが、価格に対する評価は低い。プリウスPHVでも最高額422万2800円。クラリティPHEVとの価格差はなんと165万7800円だ

アウトランダーPHEVのGプレミアムパッケージは、前後輪にモーターを配置して本革シートなども備わり、価格は479万3040円だ。クラリティPHEVは2WDで588万600円になり、17kWhのリチウムイオン電池などを考えても割高だ。

また燃料電池車のクラリティフューエルセルは、リース販売のみだが価格は767万2320円だ。CEV補助金(2018年度)の208万円を差し引くと559万2320円に収まる。一方、クラリティPHEVのCEV補助金は20万円だから、これを引いても568万600円になり、燃料電池車より高くなる(一方でフューエルセル車の特筆ポイントを並べた記事はこちら)。

高すぎ度……98

次ページは : 3位 シビックタイプR(450万360円)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ