ハリアーは2代目で終わるはずだった……代替車種ヴァンガードっていったい何だったの?

ハリアーは2代目で終わるはずだった……代替車種ヴァンガードっていったい何だったの?

 2代目モデルでハリアーは終わる予定であったというのは有名な話。あまりの人気から急遽国内専売モデルとして続投が決められ、現在に至るのだ。

 そしてハリアーの後釜モデル(厳密にはハリアーとクルーガーの後継車候補)として投入されたのがヴァンガードであった。3列シートもラインアップするなど、今思えばコスパもサイズもお見事! でも残念ながら1代限りで終了となってしまったのだ。ディーラーマン的にはどう評価していたのか!?

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】なんという運命のいたずら!! 消滅する予定だったトヨタ ハリアーと後継車となるはずだったヴァンガード(10枚)画像ギャラリー

■リーマンショックなど経済困窮時代に誕生! 落としどころが見事だったヴァンガード

2007年に登場したトヨタ ヴァンガード。ハリアーの後継モデルとして3代目RAV4のプラットフォームを使って作られた
2007年に登場したトヨタ ヴァンガード。ハリアーの後継モデルとして3代目RAV4のプラットフォームを使って作られた

 ハリアーやRAV4という、トヨタSUVの2台巨頭から、2000年初頭に派生モデルが続々と生み出された。ハリアーはレクサス RXへ、RAV4も北米市場を中心に活躍していたクルマであり、両者をベースにした国内向けのSUVを、トヨタは作りたかったのかもしれない。

 初代ハリアーのプラットフォームを使って作られたのがクルーガー(現北米ハイランダー)であり、3代目RAV4のプラットフォームを使って作られたのがヴァンガードだ。

 どちらかというと、ヴァンガードよりもクルーガーの方がハリアーの血が濃いのだが、逆の認識をされてしまうことも多い両車。クルーガーがビスタ店(現ネッツ店)とカローラ店、ヴァンガードがトヨペット店とカローラ店で扱われていたことも、この錯誤を助長する。

 ヴァンガードの全長は4,570mmと、この手のミドルサイズSUV群と比べると、全長が100mm以上短い。当時、3列シートSUVとして人気のあった三菱アウトランダーでも全長は4,640mm確保されている。全長4,570mmに3列シートを配列するレイアウトは、かなり奇抜なものだった。

 エマージェンシー用に割り切った3列シートや、見た目の装飾だけでなく質や機能にこだわり抜いたヴァンガードは、高級車をブレイクスルーし、新たな価値を創造している。それでも心臓部にはV6・3.5Lエンジンを搭載するなど、上位車格であることにはこだわり抜いた。

 サブプライムローン問題やリーマンショックなど、世界金融危機に日本も大きく振り回された時代。回復が見通せない経済状況の中、高級車が今後どのようにして生き残っていくべきか、トヨタが示した答えが、ヴァンガードなのである。

次ページは : ■一時SUVで1位に! ハイブリッドがあれば生き残った可能性も

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!