こっちの方が個性派揃い!? 落選車から選ぶ“今年の車” 10ベスト

 ボルボ XC40が選ばれた今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)だが、その前段階でXC40を含め、クラウンやカローラスポーツなどが“10ベスト”に選出された(※フォレスターは受賞を辞退)。

 ちなみに、COTYは、今年の場合2017年11月1日から2018年10月31日までに発売された新車で、「年間販売台数が500台以上見込まれている乗用車」が対象。つまり、どんなに良くても少量生産のクルマ(ルノーなどは例年ノミネートされていない)や商用車は対象外なのだ。 

>>日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 最終結果

■日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 【10ベスト】
・スバル フォレスター(※受賞辞退)
・トヨタ カローラスポーツ
・トヨタ クラウン
・ホンダ クラリティPHEV
・マツダ CX-8
・三菱 エクリプスクロス
・アルファロメオ ステルヴィオ
・BMW X2
・ボルボ XC40
・VW ポロ

 上記が今回10ベストに選ばれたクルマたちだ。選考を辞退したジムニー然り、10ベストに漏れた魅力的な新車も数多く存在する。そこで、上記リストにある10ベスト車を除いた新車のなかから5名の評論家が「10ベストか漏れたクルマの10ベスト」を選出。販売台数が少ないクルマも、商用車も対象とした。その顔触れは、本賞以上に個性派揃い!?

写真:編集部
ベストカー 2018年12月26日号


「ジムニーの辞退は残念」/国沢光宏

ジムニー(2018年7月発売)※スズキが選考を辞退

 今年原稿を書いていて一番手応えあったのはジムニーであります。といった点からすればCOTYの対象から辞退したのは、残念でならない。同じくN-VANも手応えありましたね。これまた商用車を対象にしないというレギュレーションにより、対象にならなかった。

 ただ、国沢光宏が最終選考で高い点をこの2車に入れるかとなれば、明確に「いいえ」。クルマのコンセプトについちゃ大いに評価できるも、試乗してみたら私の基準だと厳しい。魅力あったら買っていた。

 上記2車と好対照なのがセンチュリーとボルボV60。仕上がり具合は素晴らしい! センチュリーに乗ると「さすがに日本を代表するVIPカーだなぁ」だし、V60も「安全性とクルマの楽しさを両立している点で凄い!」。

 センチュリーとV60、COTYの10台に入れようと大いに迷ったけれど、私が選考委員になった時から「イヤーカーはいろんなメーカーから選びたい」と考えているため、今年はクラウンとXC40を選んだ次第。以上4車種、最終選考に残ってほしかった。

 残る6車種についちゃ試乗していないため、いいクルマかそうでもないのか不明。じゃ何で選んだかといえば、【1】編集部からの依頼で10台を選べと言われた。【2】乗っているクルマだけから選ばなかったのは、乗っていないクルマのほうが楽しそうな気がするから、の2点。

 なかでもアルピーヌA110とメガーヌR.S.、ベンツS400d、アウディA8には相当期待している。近々試乗してみたいと思います。

■国沢光宏氏の配点

「今年最大のスターはアルピーヌ」/清水草一

アルピーヌ A110(2018年6月発売)※販売台数の関係でノミネートされず

 2018年最大のスターは、アルピーヌA110ですね。ほぼポッと出て、いきなりケイマンを超える走りを見せたのはスゲエ。

 というより、スポーツカーとして現状これ以上楽しいクルマはないだろう。レア度が高いから注目度も高いはず。エンスーとして涙が出るような逸材でした。

 続いてステキだったのは、ジムニー&ジムニーシエラ。「もうGクラスはいらない」と思わせてくれたんだから、エンスーとして涙が出ます。Gクラスを卒業したらジムニー! つまり、Gクラスよりステージは上! と思わせる高尚さみたいなものがあるんだよね。

 スズキは今年COTYを辞退したわけだけど、そんなこたぁまったくどうでもいいわけで、4代目ジムニーの名声は、今後20年は続くでしょう。

 3代目センチュリーの登場にも感動したなぁ。とろけるような乗り味は、ロールスロイス・ファントムを超えた! とすら感じさせた。

 センチュリーは、ホイールの大径化&タイヤのロープロファイル化みたいな時代の流れと、あんまり関係ないのがスバラシイ。だからファントムを捉えることができたんだよね。

 思えばジムニーもセンチュリーも、モデルチェンジは20年に一度くらいしかないわけで、それが同時にきただけで惑星直列みたいなもんだ。めでたいなぁ。

■清水草一氏の配点

「ジムニーに次いで光ったのはN-VAN」/諸星陽一

N-VAN(2018年7月発売、写真左)※商用車のため対象外

 私はCOTYを選ぶ際、「その年を代表するクルマ」を選んでいる。10年後、20年後にあの年はどんなクルマがデビューしたのだっけ? と思い出せることを重視する。

 ということは、間違いなく今年はスズキ・ジムニー&ジムニーシエラなのだ。これは揺るぎないだろう。ジムニーの存在は非常に大きなもので、このクルマがCOTYを辞退したことは非常に悲しい出来事といえる。

 20年ぶりのフルモデルチェンジでありながら、まったくぶれることなく、我が道を歩む姿勢はクルマ好きにはたまらない魅力を放っていた。

 そして次点はN-VANだ。N-VANは商用車だが、その商用車らしさを生かして素晴らしいユーティリティ性を実現した。かつて、軽自動車は商用車が税制面などで有利だった時代があった。軽ボンバン(ボンネットバン)が隆盛だったのだ。

 商用なので後席が狭いなどの制約があったが、税金が安いなら仕方ないという割り切りができた。今の軽自動車も税制で有利面があるなら、もう一度商用がメインになってもいいと感じる。

 この2台が2018年を代表するクルマであることは間違いない。

■諸星陽一氏の配点

「スペーシア筆頭に軽の時代を象徴」/渡辺陽一郎

スペーシア(2017年12月発売)※スズキが選考を辞退

 1位はスペーシアだ。軽量化を徹底させて燃費と動力性能が優れ、内外装はスーツケースをモチーフにデザインした。標準ボディにはN-BOXやタントとは違う個性がある。

 そして、スペーシアは軽自動車だから、日本の使用環境に焦点を絞って開発された。車内が広く、安全装備も進化したので、クルマのある日本の生活を従来以上に安全かつ便利にしてくれる。

 2位のジムニーは、スペーシアと同じ考え方で、積雪地域など悪路を走るユーザーの生活を支える。小さなボディは、狭く曲がりくねった日本の林道や雪道に最適だ。走破力はSUVのなかでも最強で、舗装路の走行性能や安全性も大幅に向上させた。

 3位は軽商用車のN-VANで、選んだ理由はスペーシアやジムニーと同様だ。日本で安全かつ便利に使えることをテーマに据えながら、用途をビジネスに絞った。開発費用や市場規模を考えると、もはやアクティバンのような独自の開発はできず、N-BOXをベースにした。

 従って荷室長は短くなったが、運転席以外はすべて平らな荷室に変更できる。左側はピラー(柱)をドアに内蔵してワイドな開口幅が得られる。以上の3車種はすべて優れた商品で「軽自動車の時代」を象徴する。

 輸入車ではボルボV60に注目したい。今はSUVばかり話題になるが、V60は外観が美しく内装も上質なワゴンだ。後席や荷室も広く、実用性も高い。

 メガーヌR.S.は、高性能車なのに挙動の変化を楽しめる余地が広い。このように定番の売れ筋車種以外にも、高い価値を見い出せるのが今年の輸入車の特徴だ。

■渡辺陽一郎氏の配点

「よくて当たり前の期待を超えたGクラス」/鈴木直也

 改めて見ると、本家COTY 10ベストから漏れたクルマのほうがむしろ個性派ぞろい。そのなかからクルマ好きにとってどれも乗って楽しいクルマを10台選んでみた。

 選考基準は「楽しいクルマ」というモノサシ。もちろん、実用性やコスパも加味するけれど、本家COTYよりクルマ好き濃度の濃い配点を心がけた結果がコレだ。

 トップのジムニーは、久々に出てきた「乗るだけで笑顔がこぼれる」クルマ。たぶん、皆さん同じような配点をしているんじゃないでしょうか。次点のアルピーヌA110は、初代A110に乗っていたという個人的な思い入れもあって、つい多めに配点。1点のクルマが多いのは、それでワリを食ったせいです。

 セレナe-POWERとN-VANの下はどれも高級車ゾーンだが、ベンツGクラスに唯一2点を与えたのは、出来のよさに一番ビックリしたから。1000万円級のクルマはよくできていて当たり前だが、その高い期待値を軽々超えるのが今度のGクラスだ。以下、1点勢もみんな得がたい魅力を備えている。

■鈴木直也氏の配点

◆  ◆  ◆

 もうひとつの10ベストカーは下表のとおりに決まった。本来10ベストに順位はないものだが、便宜上、選者の皆さんに採点もしてもらったので、その点数も発表しておく。

 今年1年、皆さんの記憶に残ったのは、どんなクルマだっただろうか? 2019年も魅力的な新車が数多く 登場することに期待したい。

【10ベストに漏れたクルマの10ベストカー】

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ