【ジムニー、スペーシア…】落選車から選ぶ個性派揃いの“今年の車” 10ベスト

ボルボ XC40が選ばれた今年の日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)だが、その前段階でXC40を含め、クラウンやカローラスポーツなどが“10ベスト”に選出された(※フォレスターは受賞を辞退)。

ちなみに、COTYは、今年の場合2017年11月1日から2018年10月31日までに発売された新車で、「年間販売台数が500台以上見込まれている乗用車」が対象。つまり、どんなに良くても少量生産のクルマ(ルノーなどは例年ノミネートされていない)や商用車は対象外なのだ。

>>日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 最終結果

■日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 【10ベスト】
・スバル フォレスター(※受賞辞退)
・トヨタ カローラスポーツ
・トヨタ クラウン
・ホンダ クラリティPHEV
・マツダ CX-8
・三菱 エクリプスクロス
・アルファロメオ ステルヴィオ
・BMW X2
・ボルボ XC40
・VW ポロ

上記が今回10ベストに選ばれたクルマたちだ。選考を辞退したジムニー然り、10ベストに漏れた魅力的な新車も数多く存在する。そこで、上記リストにある10ベスト車を除いた新車のなかから5名の評論家が「10ベストか漏れたクルマの10ベスト」を選出。販売台数が少ないクルマも、商用車も対象とした。その顔触れは、本賞以上に個性派揃い!?

写真:編集部
ベストカー 2018年12月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ