【カローラ VS ノート…】 何がどう変わった? 平成元年 vs 30年 日本のクルマ対決

1年の終わり、そして平成の終わりが近づいてきた。歳を重ねるごとに時間の進み方がどんどん早くなってゆくが、あれもあった、これもあったなんていろいろと思い起こせば、30年はやっぱり長い。かつて常識だと思っていたことすらもたくさん変わってしまった。

ためしに、いろんなものの数値がどんな風に変わったかをご覧いただこう。

●大卒初任給
1989年 → 16万900円
2018年 → 21万1039円

●東京の人口
1989年 → 
1189万551人

2018年 → 1385万7664人(11月1日現在)

●サラリーマンの月平均小遣い額
1989年 → 5万3000円
2018年 → 3万9836円

●日系平均株価
1989年 → 3万8915円(12月29日の終値)
2018年 → 2万1676円(11月1日現在)

●ベストカー本誌の価格
1989年→ 260円
2018年→ 390円

さて、ではクルマ界はどうだろうか。平成最初の年、1989年と最後の年2018年のクルマ関連のトピックを比べてみた。バブル経済最盛期と、混迷と言われる現在。比較して見えてくるものはなんだろうか。

※本稿は2018年11月のものです
文:ベストカー編集部/写真:NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ