【カローラ VS ノート…】 何がどう変わった? 平成元年 vs 30年 日本のクルマ対決


1年の終わり、そして平成の終わりが近づいてきた。歳を重ねるごとに時間の進み方がどんどん早くなってゆくが、あれもあった、これもあったなんていろいろと思い起こせば、30年はやっぱり長い。かつて常識だと思っていたことすらもたくさん変わってしまった。

ためしに、いろんなものの数値がどんな風に変わったかをご覧いただこう。

●大卒初任給
1989年 → 16万900円
2018年 → 21万1039円

●東京の人口
1989年 → 
1189万551人

2018年 → 1385万7664人(11月1日現在)

●サラリーマンの月平均小遣い額
1989年 → 5万3000円
2018年 → 3万9836円

●日系平均株価
1989年 → 3万8915円(12月29日の終値)
2018年 → 2万1676円(11月1日現在)

●ベストカー本誌の価格
1989年→ 260円
2018年→ 390円

さて、ではクルマ界はどうだろうか。平成最初の年、1989年と最後の年2018年のクルマ関連のトピックを比べてみた。バブル経済最盛期と、混迷と言われる現在。比較して見えてくるものはなんだろうか。

※本稿は2018年11月のものです
文:ベストカー編集部/写真:NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


■人気車種

バブル真っ盛りの1989年はとにかくクルマがよく売れていたのだが、今年9月までの販売台数ランキングTOP10と比較してもトヨタ車の上位ランクインは変わらず。

なのだが、現在はアクアやプリウス、ヴォクシーにC-HRなどコンパクトにミニバン、SUVなどのカテゴリー、そしてハイブリッド車が中心。

これに対し、1989年はカローラやスプリンターなどコンパクトセダンが上位に来るのは納得としても、クラウンやマーク2のアッパーサルーンがベスト3にランクインしているあたりがバブルの香りがする。

ともあれ30年前の販売台数トップ10のうち、現在でも車名が残っているのがカローラとクラウンとシビックしかないことに、やや寂しさも感じてしまう。

■最速ゼロヨン車

編集部の計測で1989年のR32スカイラインGT‐Rはゼロヨン12.98秒、最高速248.0km/hという記録を残している。これに対し、今年(2018年)6/10号でのJARIテストで計測した現行GT‐Rはゼロヨン11.22秒、最高速311.1km/hをマーク。現行型が570㎰/65.0kgmで、R32は280ps/36.0kgmというエンジンパワーの違いはあるにせよ、あまりの差の大きさに慄然……。

1989年、445万円で登場したR32スカイラインGT-R。当時でも安くはなかったが、中身を考えたら充分納得

パフォーマンスの凄さは誰もが認めるものの、登場時の777万円から現在は最低でも1023万840円に値上げ

次ページは : ■ヒット車の傾向

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ