シビックタイプRを買い損ねたおっさんはこれに乗ってシアワセになれ!【おっさんはこれに乗れ!】

シビックタイプRを買い損ねたおっさんはこれに乗ってシアワセになれ!【おっさんはこれに乗れ!】

 「今の時代、おっさんはどんなクルマに乗るべきか?」

 いやもちろん、どんなクルマに乗ったっていいのだが、アナタ(おっさん)が仮にクルマ好きなら、周囲のクルマ好きからどう見られるかを意識するはずだ。そして少なくとも、「シブイなぁ!」とか、「わかってるね~」と思われたい、と願うのではないだろうか? そういう選択を、ワタクシ清水草一が独断で展開いたします!

文/清水草一
写真/ホンダ、BMWジャパン、ステランティスジャパン

【画像ギャラリー】いまおっさんが乗るべきシビックタイプRの対抗馬を写真で見る!(7枚)画像ギャラリー

■現代におけるシビックタイプRの愛で方

 ホンダ シビックタイプRが、あっという間に売り切れてしまった。

 日産 新型フェアレディZも受注停止だが、台数に関しては完全に非公開。謎が残っているぶん、まだ買える可能性がある(たぶん)。しかしシビックタイプRは、生産・販売台数が「月に400台」と公表されていて、すでに4年分程度の注文が入り、受注停止となったらしい。つまり、買えない絶望度はシビックタイプRのほうが高いかもしれない。

今年9月2日に発売された新型シビック タイプR。強力なVTECターボを搭載し、速さと官能をたっぷり味わえる
今年9月2日に発売された新型シビック タイプR。強力なVTECターボを搭載し、速さと官能をたっぷり味わえる

 新車がもう買えないとすれば、大幅な上乗せ価格を払って中古車を買う以外、手に入れる方法はない。それでも欲しい! という人もいるだろうが、大部分のおっさんは、それほどの覚悟はないはずだ。

 それに、ちょっと冷静になって考えてみれば、シビックタイプRは、おいそれと乗れるクルマではないことが理解できる。新型タイプRは、かつてのRと比べたら乗り心地は文化的で、決して扱いづらくもない。サイズに余裕のある5ドアハッチバックなので、実用性も充分だ。

 しかし、日常使いできるかと言えば、いろいろな意味でためらってしまう。最大のハードルは、「無駄に距離を伸ばしたくない」というプレッシャーだ。なにせ高値が付くクルマ。走行距離は短ければ短いほどいい。

 シビックタイプRは、本来はサーキットでタイムを出すためのクルマだが、現実には、一種の宝飾品になっている。ガレージに余裕のある人はいいが、そうでないおっさんは、気兼ねなく乗れるスポーティなクルマを買ったほうが、シアワセになれるのではないか?

 そこで今回は、シビックタイプRを買えなかったおっさんカーマニアに、その代わりが務まるクルマを3台おすすめしよう。

次ページは : ■【候補その1】ホンダ シビックe:HEV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ