懐かしい!? いや新しい!? AKB劇場の前で見つけた「ミニ」カーの正体は!?

 都内、秋葉原はAKB劇場の前で佇む1台の…なんだこれ? やけにちっちゃい、例えるなら三菱のi-MiEVとか、ドイツのメーカースマートのフォーツー(スマートK)に似た、こじんまりとした佇まい。そしてサイドに光る「ナショナル」のロゴ。

 往来の人々も物珍しそうに視線を留めていく。ご年配の方々は懐かしそうに、そして反対に若い人たちは「新しいクルマ?」みたいに。

 そりゃそうか、若い人にしてみればスタイルはスマートモビリティそのものだし、ひょっとしたら「ナショナル」もわからないかも知れないし(ナショナルは電機メーカーのパナソニックがブランド統一前に使用していた社名・ブランド名の一つです。2008年から2009年にかけてパナソニックへと一本化されました)。

ちっちゃい。全高は1350mm

 その正体は、1980年代のクルマ「ミツオカBUBU501」をベースとした、いわゆるラッピングカー。しかし一体なぜこんなクルマが?

 フォトジャーナリストの酒井透氏が、所有者で大阪府寝屋川市在住のkaorububuさん(長谷川薫さん)に話を聞いた。

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:酒井透
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ