「騙すつもりはなかった」ではすまされない!! 新車詐欺のデュナミスレーシング社長ついに逮捕、起訴の顛末

「騙すつもりはなかった」ではすまされない!! 新車詐欺のデュナミスレーシング社長ついに逮捕、起訴の顛末

 ベストカーWebでこれまで複数回記事にしてきた「新車購入のためにお金を払ったのに、長くて2年以上納車されないどころか発注すらされていなかった」という事件に、動きがあった。長野県長野市内で25年以上の歴史を持つ自動車販売店「デュナミスレーシング」の元経営者による「新車詐欺」的な事件だ。事件発覚から約10か月、元経営者の小谷徹氏は、2022年10月25日、埼玉県内の老人ホームから連行され、詐欺容疑で逮捕された。その後11月16日に詐欺罪で起訴に至っている。

文/加藤久美子、写真/被害者の皆さま、加藤久美子

【画像ギャラリー】「お金を払ったのに納車されない…」新車詐欺デュナミスレーシングの外観画像(12枚)画像ギャラリー

■デュナミス・レーシングの巨額納車詐欺事件とは?

 筆者のもとに「長野市内の自動車販売店で新車の代金を払ったのに納車されない人が100名以上いる」という情報が入ったのは今年(2022年)1月6日のことだった。

「年末から急に社長と連絡が取れなくなった」
「あれだけ毎日来ていた営業メッセージのLINEが年末から突然途絶えた」

 不安げな表情のお客さんが大勢、店の前で様子をうかがっているという。

長野市内のクルマ好きにはそれなりに名前が通っていた「デュナミスレーシング」。新車販売だけでなく、タイヤやエアロパーツ販売、整備やチューニングなども手掛けていた
長野市内のクルマ好きにはそれなりに名前が通っていた「デュナミスレーシング」。新車販売だけでなく、タイヤやエアロパーツ販売、整備やチューニングなども手掛けていた

 被害は新車購入の費用を払った客だけではない。10年以上前からつい最近まで「社長にお金を貸して戻ってきていない」というケースもかなりの数、存在する。1~2年前からは取引先に対してもお金を無心するLINEメッセージが頻繁に届くようになった。様々なところからお金を借りていたのだろう。自身が区長を務めていた更北地区や境区の関係者に対しても、お金を無心していたという。

「クルマを売る際、信頼を得るために区長をやっていました。区長としての仕事はほとんどせず、大きな声を出して『やった感』を出す人でした。もちろん区長手当てはしっかり自分の懐に入れていましたよ」(被害者の知人)

小谷氏から送られてきたLINEの画像。口座番号が記入された、銀行の借入書類が写っている(被害者提供画)
小谷氏から送られてきたLINEの画像。口座番号が記入された、銀行の借入書類が写っている(被害者提供画)

 上掲画像のように、自身の(会社の)口座番号を記した用紙(銀行に向けた借入書類の一部)の写真を多数の知人、仕事の関係者にLINEで送っていたという。日付は2021年6月だ。

 なお、銀行借入書類画像の下には、
・明日昼までに200万円貸してほしい
・3週間後に220万円にして返す
・小谷のミスです。
・最初で最後のお願いです。どうかよろしく
 このようなことが記されている。いったいどれだけのお金を集めたのか。

 デュナミス・レーシングは日産ディーラーのトップセールスだった小谷被告が1995年に立ち上げた店だ。かつてはクルマ好きの若者たちが大勢集まるにぎやかなお店だった。

 暗転し始めたのは約10年前のことである。大きなきっかけは小谷被告が市議会議員の選挙に出て落選したことで、選挙で多額のお金を使ったから、という説が濃厚。

 複数の被害者の話によると、

「10年ちょっと前までは整備士も5人いてドリフト仕様のクルマなどレベルが高かったです。DRのステッカーは一つのステイタスでもありました。小谷社長も話の輪に加わって楽しそうにしていましたね。でも、選挙で大敗してから一気に雰囲気が変わってしまいました」

次ページは : ■転売禁止のハイエースやランドクルーザーなどを海外に輸出

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号