「コスパ最強車はこれだ!!」プロが薦める200万円以下で大満足なクルマ5選

「コスパ最強車はこれだ!!」プロが薦める200万円以下で大満足なクルマ5選

 かつてのように、200万円未満で普通乗用車が購入できた時代はとうに終わり、現代では、コンパクトカーや軽自動車であっても、200万円を超えてしまうのが当たり前になりつつある。

 「あまりお金はかけられないけど、中古車はいや」という方や「新車を購入するならば、コスパ最強の一台を選びたい」という方に向け、200万円以下で大満足できるクルマを4つご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、SUZUKI、HONDA

【画像ギャラリー】これが200万円以下!?? 200万円で購入できるコスパ最強モデルたち(32枚)画像ギャラリー

高コスパ車といえばこれ !! トヨタ「ライズ」(X:171万円~)

 まず真っ先にご紹介したいのは、2019年に登場したトヨタ「ライズ」(X:171万円~)だ。登場翌年となる2020年は、ヤリス(151,766台)に次ぐ販売台数(126,038台)を記録したライズ。ご存じのとおり、ダイハツ「ロッキー」(L:168万円~)のOEMであり、つい先日(2022年11月11日)には、スバルからも「REX」(G:182万円~)として登場している。

 キビキビした走りが楽しめ、WLTCモードで20.7km/Lと燃費もよく、デザインも新鮮で装備も十分。メーカーオプションでディスプレイオーディオ(97,900円)を装備すれば、スマホを接続することでナビとして活用できる。ライズのベースグレード1.2L直3ガソリン仕様「X」(171万円)でも十分楽しめるが、中間グレードである「G」(186万円)にすることで、ワンランク上のライズを楽しむことができる。現時点、日本市場で最もコスパのいいモデルといって過言ではないだろう。

中間のGグレードでは、16インチアルミホイール(ベースは鉄ホイール)、エクステリアの加飾パーツ付、インテリアのメッキ加飾付、LEDデジタルスピードメーター&7インチTFT液晶ディスプレイなど、上級グレードに近い装備内容となる
中間のGグレードでは、16インチアルミホイール(ベースは鉄ホイール)、エクステリアの加飾パーツ付、インテリアのメッキ加飾付、LEDデジタルスピードメーター&7インチTFT液晶ディスプレイなど、上級グレードに近い装備内容となる

軽ということを忘れるほどの上質感 ホンダ「N-BOX」(G:144万円~)

 軽自動車からは、7年連続で軽自動車の販売台数のトップに君臨している、ホンダ「N-BOX」をご紹介したい。現行モデルは、2017年に登場した2代目。流行りの軽スーパーハイトワゴンのボディタイプで、全グレードに衝突軽減ブレーキやACC、車線維持支援システム(LKAS)を有するホンダセンシングを標準搭載し、燃費もWLTCモードで21.2km/Lと低燃費(ターボは20.2km/L)。

 ガソリンNAモデルは144万円~157万円(2WD)、ターボモデルは177万円~177万円(2WD)、エクステリアを絢爛豪華にしたカスタムはおよそ10万円高くなるが、ホンダらしくパワフルなエンジンで、なおかつ静粛性も高く、優れたコンパクトカー並の乗り味は、他メーカーの同タイプよりもワンランク上。インテリアの質感も高く、軽スーパーハイトワゴンを検討するならば、外せない一台だ。ただ、売れているだけにあちこちで同じ車を見かけることになるため、その点は覚悟が必要かもしれない。

ホンダN-BOX。7年連続軽ナンバーワンの実力は伊達じゃない
ホンダN-BOX。7年連続軽ナンバーワンの実力は伊達じゃない

次ページは : とにかく車内が広い!! スズキ「ソリオ」(G:158万円~)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ