マイナーチェンジしたタントがV字回復! 開発者のたゆまぬ努力が実を結んだ!? 売れた理由はどこにある?

マイナーチェンジしたタントがV字回復! 開発者のたゆまぬ努力が実を結んだ!? 売れた理由はどこにある?

 2022年10月3日にマイナーチェンジしたタントがV字回復を遂げている。10月の新車販売台数では、軽販売1位のN-BOXの1万6369台に対して、タントは1万4981台で、その差はわずか1388台。このままいくと、数カ月以内に、タントが久しぶりにN-BOXを抜いて軽販売NO.1に帰り咲きそうな勢いだ。

 V字回復を遂げた理由はどこにあるのか? 今回から新たに加わったタントファンクロスと、改良を受けたタントカスタムを試乗するとともに、開発者の声も紹介していこう。

文/ベストカーWeb編集部小野
写真/森山良雄

【画像ギャラリー】見えない努力でN-BOXに追いつけ追い越せ!! マイナーチェンジで販売好調のダイハツ タント(12枚)画像ギャラリー

■いくら改良してもN-BOXには勝てないと思っていたが……

左からタント、タントファンクロス、タントカスタム。発売1ヵ月後の販売構成比は、タント=約20%、タントカスタム=約55%、タントファンクロス=約25%
左からタント、タントファンクロス、タントカスタム。発売1ヵ月後の販売構成比は、タント=約20%、タントカスタム=約55%、タントファンクロス=約25%

 タントは10月3日にマイナーチェンジし、タントカスタムのエクステリア、インテリアを変更するとともに、新たにSUVテイストのタントファンクロスを新たに追加設定した。

 発売1ヵ月後となる成績を見ると、タントシリーズの累計受注台数は約5万台と、月販目標台数1万2500台に対し、約4倍の受注を記録した。

 発売月となる10月の販売台数は、1万6369台と対前年同月比314.0%、前月比151.7%の伸び。まだマイナーチェンジ後1ヵ月のデータなので、なんともいえないが幸先のいいスタートを切ったのは間違いない。

●タイプ別構成比
タント=約20%、タントカスタム=約55%、タントファンクロス=約25%

 主な購入層としては、タントが子育てから子離れ、シニア女性が中心。カスタムは男性、若年層も含め、幅広い世代。ファンクロスは男性、新しいユーザーが多いという。

 人気のカラーはタントがシャイニングホワイトパール、ブラックマイカメタリック、ファイアークオーツレッドメタリック。

 カスタムがシャイニングホワイトパール、ブラックマイカメタリック、クールバイオレットクリスタルシャイン。

 ファンクロスがサンドベージュメタリック、サンドベージュメタリック(2トーン)、レイクブルーメタリックとなっている。

■なぜV字回復したのか、売れた理由を探る

マイナーチェンジ後のタントカスタム
マイナーチェンジ後のタントカスタム
マイナーチェンジ前のタントカスタム。ボンネットフードのノーズ部分が下がっているのがわかる
マイナーチェンジ前のタントカスタム。ボンネットフードのノーズ部分が下がっているのがわかる

 タントカスタムとファンクロスのメディア向け試乗会に開催された。その時点ではまだ、V字回復した結果は出ていなかったのだが、実車を見て、これは売れるという確信はあった。

 まずはタントカスタム。実車を見ると、ヘッドライト、グリル回りの作りがよく、質感が高い。マイナーチェンジ前のモデルと比べると、オラオラ、ギラギラ感が増し増しといった感じで、なかなかの好印象。

ダイハツ工業タント開発陣のみなさん。左から浅海さん、城迫さん、里館さん、秋本さん。みなさん、クルマ作りを楽しんでいる、そんな感じでした。羨ましい~
ダイハツ工業タント開発陣のみなさん。左から浅海さん、城迫さん、里館さん、秋本さん。みなさん、クルマ作りを楽しんでいる、そんな感じでした。羨ましい~

 フロントマスクのデザインについて、ダイハツ工業デザイン部第一デザインエイト室の浅海亮一さんに直撃した。

―フロントマスクがオラオラ顔になりましたね。これなんとくレクサスのスピンドルグリルに見えますが、参考にしたのでしょうか?

浅海さん―参考にしていません。デザインを手掛けている最中は、分厚いロワーバンパーを意識していました。

―随分、オラオラ顔が増しましたね。

浅海さん―2019年に発売したマイナーチェンジ前のカスタムは大人カスタムという言い方をして、割りとオラオラ、ギラギラせずに、シュッとしていました。

 このモデルもご指示していただきましたが、「迫力がもっと欲しい」というお客さんの声を多くいただいていました。今回は、迫力を出すために、お辞儀しているような形状だったボンネットフードを、マイナーチェンジモデルではノーズを上げて顔が上がったシルエットとしました。高さが圧倒的に変わりました。

―気づきませんでした。メッキグリルは外枠(枠の上はブラック)だけでグリル中央はブラックですが、ここをメッキにするとよりオラオラ顔になったのでは?

浅海さん―このデカグリルは、分厚いたくましい胸板をイメージして表現しました。グリルの中はギラギラせずに縁はメッキを配して、中は黒艶にしました。もう少し、ギラギラさせたい方にはオプションでメッキグリルも用意されているのでぜひ購入いただければと思います。

―なるほど、たしかに逞しい筋骨隆々とした胸板を感じます。ギラギラ感はアップしましたが、作りのいい上質さも感じます。

分厚い胸板をイメージしたというタントカスタムのグリル
分厚い胸板をイメージしたというタントカスタムのグリル
純正アクセサリーで用意されているド派手なメッキグリルやメッキパーツ類。もっと派手にしたいならぜひ
純正アクセサリーで用意されているド派手なメッキグリルやメッキパーツ類。もっと派手にしたいならぜひ

次ページは : ■言われなければわからない「気づかない、見えない努力」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ