日産 エクストレイル 『相棒』に亀山薫とともに復帰! 「亀山の相棒」の魅力を再検証!!

日産 エクストレイル 『相棒』に亀山薫とともに復帰! 「亀山の相棒」の魅力を再検証!!

 2000年からテレビ朝日で放映されている刑事ドラマ「相棒」。最新シリーズ(シーズン21)が、2022年10月12日よりスタート。

 11月9日の放送で、初代「相棒」であり、14年ぶりに今作で「相棒」に復帰した、寺脇康文さん演じる亀山薫が運転するクルマに、日産「新型エクストレイル」が採用され、話題となっている。同車は、2022年7月に発売となった日産最新SUVである。

 亀山薫といえば、初代相棒時代(プレシーズンからシーズン7)に初代エクストレイル(T30型)に乗っていたことがあり、今回のシーズン21でも「(エクストレイルに)新型が登場したし、亀山薫とともに復帰するのでは??」と、一部ファンからは期待されていた。

 14年たったいまも亀山薫が愛する日産 エクストレイルの新型の魅力について、ご紹介しよう。

文/吉川賢一
写真/NISSAN、池之平昌信

【画像ギャラリー】新型エクストレイル&新型エクストレイルAUTECHの内外装をチェックする(17枚)画像ギャラリー

インテリアと動性能の上質さはライバル車以上だ

新型エクストレイルのボディサイズは、全長4660(-30)×全幅1840(+20)×全高1720(-20)mm、ホイールベース2705mm(±0)となった(カッコ内は先代比)。先代に対し、大きくなった印象を受けるが、数字の上ではさほど変化はなく、むしろ全長は短くなっている
新型エクストレイルのボディサイズは、全長4660(-30)×全幅1840(+20)×全高1720(-20)mm、ホイールベース2705mm(±0)となった(カッコ内は先代比)。先代に対し、大きくなった印象を受けるが、数字の上ではさほど変化はなく、むしろ全長は短くなっている

 新技術であるVCターボe-POWERと最新のCMF C/Dプラットフォーム、そして4輪駆動制御のe-4ORCEなど、日産が持つ技術がてんこ盛りされ、悪路や雪道もこなす万能SUVに仕上がって登場した、新型エクストレイル。

 ボディサイズは、先代よりも全長が短くなったものの、車室内のパッケージングの工夫で後席スペースはより広くなり、ラゲッジも荷室長を増やして開口部も拡大したため、積載量はむしろ増加しているそうだ。

 エクステリアデザインは、先代エクストレイルの流れるようなフォルムから一転、ボクシーで無骨なオフロードテイストに変更。初代エクストレイルの特徴であった、「ワイルド&タフ」を思い返すような、厳ついフロントフェイスとなった。

 ただし、車両後方までみていくと、Cピラー後方のウィンドウ形状は、先々代のT31、先代のT32の伝統を受け継いだ、「くの字」型を踏襲している。エクストレイルファンにとっては、嬉しいポイントだろう。

 新型エクストレイルでもっとも注目なのが、インテリアだ。12.3インチの液晶メーターと、同じく12.3インチのナビゲーションモニター、そして、10.8インチの大型ヘッドアップディスプレイは、ライバルSUVなどと比べてもサイズが大きく、見やすい。センターコンソール周りやダッシュボード周りも、無駄がなくすっきりとした印象で、つくこみの良さを感じる。

 そして走りも期待以上。新開発されたe-POWERのレスポンスは抜群に良い。また、減速から再加速したり、コーナーで踏み増しをしても素早く反応してくれるので、テンポよい運転ができる。

 e-Pedalは完全停止までは行わないが、滑らかに時速15km程度まで減速してくれるので、停止するには最後のブレーキ操作だけ行えばいい。ロードノイズや風切音はライバルSUVたちよりもワンランク上、とても静かで、動性能も上質だ。

次ページは : ハイブリッドのみ! 弱点は「価格」の高さ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号