【技術は!? 商品力は!? どっちが上だ!??】日産車とルノー車 弱点と長所

 未だ収束の気配を見せていないゴーン問題で、図らずも注目を浴び続けている日産とルノー。

 ゴーン氏の去就や日産のお家騒動的な話題はさておき、肝心の“車”を見ると、最近ではe-POWERが好調な反面、日産全体の(日本における)ラインナップを見ると、ほぼノートとセレナしか売れていないという現状がある。自動車ファンや日産車ユーザーにとっては、こちらの方がゴーン氏の去就より余程心配だろう。

 一方、ルノーの車はどうか? と言えば、日本ではニッチ向けながら、メガーヌ R.S.に代表されるスポーツモデルや基本的な車の作りこみには自動車ファンの間でも定評があり、「単純に車だけで見れば、今の日産より元気?」と思えるほど。

 基本的には共通する部分も多々ある日産車とルノー車は、どこが良くてどこがダメなのか? それぞれの長所と弱点を、両社の車から見ていきたい。 

文:国沢光宏/写真:編集部
ベストカー 2019年1月26日号


日本じゃ個性的すぎる!? ルノー車の「弱点」

こちらは2009年発売の初代ルノー コレオス。直近ではルーテシアやトゥインゴなど優れたデザインのモデルも多いが、全体で見ると、やや好みを分ける点がルノー車のネックとも言える!?

 ルノー車のアカンところは、デザインが徹底的にフランス向きだという点にある。普遍的なデザイン評価したら、フランスと関係の深い地域を除きカンペキに通用しない。

 例えばアメリカ。第2次世界大戦後、日本でも「日野ルノー」として販売されていた4CVを発売しヒット。しかしその後、奇妙なデザインがまったく通用せずジリ貧になってしまい1987年に撤退することになった。

 デザインのダメさときたら決定的と言っていい。ルノーはエクストレイルのプラットフォームを使い「コレオス」というアメリカを除く世界各国向けSUVを韓国工場で作り始めるのだけれど、あまりのカッコ悪さに大失敗。韓国工場が閑古鳥啼き大赤字となる。

 現在この生産ラインでアメリカ向けのエクストレイル(ローグ)を生産しているのだった。もちろん、ルノーのデザインが好きな人もいます。

 なかには「信頼性が低い」という人もいるけれど、こらもうルノーというよりフランス車に共通すること。当時、プジョーやシトロエンも信頼性に大きな問題を抱えていた。ただ、商品力やデザイン力があったため、ルノーよりマシだったように思う。

 参考までに書いておくと、プジョーとシトロエンもアメリカ市場から撤退することになる。ユーザーのニーズに応えるという車作りが苦手なのかもしれない。

スポーツ系は今の日産以上!! ルノーの「長所」

日本にも2018年に導入されたメガーヌ R.S.。スポーツモデルとして刺激度・完成度が高いルノースポール系の車は日本のクルマ好きにとっても魅力的な選択肢だ

 ルノーの魅力は「ルノースポール」に集約されているかもしれません。「グランプリ」という単語発祥の地であるフランスだけにモータースポーツへの情熱ときたら世界有数。

 国営企業だった「ルノー公団」時代もモータースポーツに積極参戦していたほど。競技部門が手がけた車こそルノースポールです。ラリーで大暴れした「8」や「A110」そして「5ターボ」等々素晴らしいヘリテージだ。

 直近においてもA110のリバイバルやクリオ(日本名:ルーテシア)、メガーヌのルノースポールで存在感を出してます。私はルノーのデザインをまったく評価しないけれど、スポーツモデル系のルノーについちゃ大好きだったりする。なかでもシビれるの、5ターボでしょう。

 そうそう。カングーに代表される「ヘンテコなクルマ」も上手。日産でカングー売ったらけっこう人気になると思う。なぜ売らないのか不思議なほど。

新車が出ない! 致命的な日産車の「弱点」

2017年に発売された現行型リーフ。同年に日本で発売された新車はこの1台だけで、2018年は新車「ゼロ」。このままでは日産ユーザーが買い替える車もなくなり、みすみす既存のユーザーまで失いかねない

 日本における日産車ということであれば、最大の×は新型車を出さないことに尽きる。

 2017年に発売された唯一の新型車であるリーフながら、プラットフォームは2010年デビューの初代と同じ。同じフロアを使っており、デザインもよく見るとシルエットはまったく同じ。ドアだって同じだ。今や日進月歩となってる電気自動車ながら、技術レベルも大きな進歩なし。すっかり埋もれてしまった。

 日産で最も売れているノートは2010年登場の「Vプラットフォーム」。先代ノートより部品点数を半分近くにし、タイで生産するマーチやインドの「ダットサンGO」という格安モデルと共通フロアである。

 だからどうした、ということじゃないけれど、車好きからすれば質感という点で大いに物足りない。本来なら欧州で販売している新型マイクラの兄弟車に切り換えてほしいです。

 2番目に売れている5代目セレナは、2005年登場の3代目から基本骨格が変わっておらず。だからこそフロントドアが一段下がった形状をそのまま引き継いでいる。

 一番新しいのは2015年にデビューしたエクストレイルながら、日本よりアメリカを強く意識したモデルになってしまった。この4車種以外は、さらに古くリニューアルすらしなくなってしまった。地盤沈下ですね。

技術力は未だ健在! 日産車の「長所」

日産車史上初となる登録車販売年間1位の立役者となったノートの「e-POWER」

 技術の日産の名残はキッチリあると思う。直近で一番「タイしたもんですね!」と感じたのが「e-POWER」。

 効率いいハイブリッドシステムだとわかっていたけれど、スズキは「お金がかかる」と開発を断念。三菱自動車やホンダも同じようなシステムを開発しながら、大量生産車に採用しようとしなかった。e-POWERのシステムを安価に売ろうとしたら、相当の自信がないと厳しい。

 そもそも2010年に電気自動車を販売したのだから凄い。日産がその気になったら、やはり手強い——というあたりをトヨタはキッチリ認識している。トヨタ、今まで何度も日産に煮え湯を飲まされてきましたから。

 その度にオウンゴールしちゃうのが日産の課題か? 日本では販売しない可変圧縮比の過給エンジンなどの技術もタイしたもんだと思う。優れた指揮官さえ存在すれば日産って強い!

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ