ノアヴォクにはあるのに……新型セレナに豪華な2列目シートがないワケが衝撃

ノアヴォクにはあるのに……新型セレナに豪華な2列目シートがないワケが衝撃

 アルファードやエルグランドといった高級ミニバンの専売特許であった豪華な2列目シート。ところがノア/ヴォクシー、さらにはステップワゴンの上級グレードにもラインアップされるようになり、その注目度たるやバツグン!!

 にもかかわらず新型セレナは超高いルキシオンはおろか他のモデルにもまったくないのだった。一体なぜ!?

文/ベストカーWEB編集部、写真/NISSAN、TOYOTA、HONDA

■もはやミニバンの常識!? 2列目オットマンの勢力拡大っぷりがスゴい

トヨタ アルファード特別仕様車 S“TYPE GOLD III”の2列目シート。豪華シートはミニバンの魅力のひとつだ
トヨタ アルファード特別仕様車 S“TYPE GOLD III”の2列目シート。豪華シートはミニバンの魅力のひとつだ

 ミニバンの目玉ともいえる超豪華シート。リクライニングはもちろんオットマンや読書灯、さらにはドデカい後席モニターを備えるとあって、もはや飛行機のファーストクラス並のモデルがかなり多い。その筆頭が冒頭のようにアルファードでありエルグランドなどの高級ミニバン専用ともいえる装備であった。

 ところが、2022年に大きく時代が動いた。そうノア/ヴォクシー、さらにはステップワゴンのミドルサイズミニバンにその流れが波及したのだ。

 もっともこれらモデルはメーカーオプションだったり、上級グレードでしか装備できないなど、全グレード対象というワケではないが、このクラスにまでとうとう来たか……と思ったひとも多いハズだ。

■まさかの新型セレナはなし!! 納得の理由とは!?

 となれば新型セレナも当然用意されるだろう!! と思っていたら、まさかの設定なし。しかもエルグランドにも勝るとも劣らない価格で打ち出してきた最上級グレード「ルキシオン」に至ってもないのだった。

 後発モデルだからこそライバルを研究しているのは当然として、なぜ新型セレナはオットマン付きの豪華シートをラインアップしなかったのか。日産いわく、メインはファミリー層。とくに小さな子どものいる家庭を想定しているため、豪華シートの場合活用シーンが限られるためとしている。

 たしかにオットマン付きの豪華シートの場合、シートアレンジが限られる。あるいはウォークスルーがしにくいといった面も存在し、納得の回答ともいえる。

■代わりの機能がめっちゃイイ!! 自在におけるアレがマジで便利

セレナお馴染みのマルチセンターコンソール。1列目に設置して小物入れが付いた大型センターコンソール、2列目に移動させて上部を起こせばセンターシートとなる
セレナお馴染みのマルチセンターコンソール。1列目に設置して小物入れが付いた大型センターコンソール、2列目に移動させて上部を起こせばセンターシートとなる

 その代わりといってはなんだが、セレナお馴染みのマルチセンターコンソールがe-POWERモデルにも採用されたのは嬉しいニュース。

 これは1列目ないし2列目と好きな位置に固定できるシロモノ。ちなみに1列目に設置すれば大型センターコンソールに、2列目に置けば3人掛けシートとなるなど、シーンに応じてアレンジができるのだった。

 たしかにファミリー層がメインと考えるならば、新型セレナの選択は大いにアリだ。どうしてもオットマンが欲しい!! という方にはしっかりディーラーオプションで用意してあるので、そちらを!

【画像ギャラリー】高級感よりもファミリーユースを重視した新型日産 セレナ オットマンは割り切ってディーラーオプションで用意!!(11枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します