買い換える価値はありやなしや? 先代WRX S4オーナーの編集部員が現行型WRX S4を徹底チェック!!

買い換える価値はありやなしや? 先代WRX S4オーナーの編集部員が現行型WRX S4を徹底チェック!!

 先代型WRX S4(2015年式のアプライドB型)に乗り続けているベストカーWeb編集部員が本気で買い換えを考えているのが現行型WRX S4。実際に乗って、使って改めて評価してみた。

文、写真/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、撮影協力/河口湖ステラシアター

■国沢氏からは「新型に買い換えるしかない!」と言われたが……

2015年に購入後、3度目の車検を通したベストカーWeb編集部・渡邊の先代型WRX S4
2015年に購入後、3度目の車検を通したベストカーWeb編集部・渡邊の先代型WRX S4

 現行型WRX S4がフルモデルチェンジを受け、登場したのが2021年11月25日。事前にプロトタイプ試乗会が行われた千葉県の袖ケ浦フォレストレースウェイにも行ったのだが、ほぼ撮影用にちょい乗りしかできていない状況だった。

 個人的にはその際に乗った現行型のシャシーの剛性感は半端じゃなく、「おお、こりゃかなり本気でスバルが仕上げてきたな」と思わされたものだった。テスターとして参加した自動車評論家の国沢光宏氏の助手席から動画を撮影したのだが、同じく先代WRX S4を所有する国沢氏が「こいつは楽しい! 渡邊君、これはもう新型に買い換えるしかないぞ!」と、ツイスティな袖ケ浦で4輪ドリフトを心底楽しそうに堪能していたのをよく覚えている。

現行型WRX S4 STI Sport R EX。若干のサイズアップはされているものの、初代からさほどの差はない程度に収められている
現行型WRX S4 STI Sport R EX。若干のサイズアップはされているものの、初代からさほどの差はない程度に収められている

 改めて自分が乗る先代型と現行型のディメンションなどを比較すると、まずはボディサイズ。全長4595×全幅1795×全高1475mm、ホイールベース2650mmの先代型に対し、現行型は全長4670×全幅1825×全高1465mm、ホイールベース2675mmと少しだけ大きくなっている。ただ、乗った感じではほぼ先代型との大きな差はないように思った。

 続いて大きく変わったのがパワートレーン。先代型は直噴2L水平対向DOHCターボのFA20型を搭載し、最高出力300ps/5600rpm、最大トルク40.8kgm/2000~4800rpmというスペックでいわゆる「パワー型」のターボエンジンだ。5代目レガシィツーリングワゴン/B4のビッグマイチェン時に初搭載されたエンジンで、当時、撮影でこのターボエンジンを搭載したB4に自分が試乗した際に少々ピーキーながらその速さは強烈に印象に残っていた。

現行型WRX S4の積む2.4LターボのFA24。275ps/38.5kgmと排気量をアップしたものの、数値的には控えめとなっている
現行型WRX S4の積む2.4LターボのFA24。275ps/38.5kgmと排気量をアップしたものの、数値的には控えめとなっている

 対する現行型は直噴2.4L水平対向DOHCターボのFA24型を搭載。排気量をアップしたユニットに変更し、そのスペックは最高出力275ps/5600rpm、最大トルク38.2kgm/2000~4800rpmとなっている。この2.4Lターボ、そもそもの出自が北米で販売されている3列シートSUVのアセント用に開発されたトルク型のエンジンで、従来までの水平対向3.6LDOHCエンジンのリプレイスとして用意されたものだ。

次ページは : ■ほぼ弱点がないのが現行型WRX S4だった……

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ