走り屋の大好物はやっぱりFR!? 今も人気のFR車 vs. 負けちゃいねーぜFF車5選

走り屋の大好物はやっぱりFR!?  今も人気のFR車 vs. 負けちゃいねーぜFF車5選

 現在の国産車のなかでは希少な存在となってしまったFR(フロントエンジン・リアドライブ)のクルマ。しかし、ひと昔前にさかのぼってみると、それこそスポーツカー=FRという公式が成り立つほど充実なラインナップを誇っていた。その最大の魅力は操舵輪と駆動輪が分かれていることからハンドリングのバランスが良く、クルマをコントロールする楽しさが存分に味わえることにあった。

 ここでは、そんな楽しさを味あわせてくれた名車と呼ぶに相応しいFRモデルとともに、FFでありながらもFRと張り合った(張り合っている)モデルを紹介したい。

文/FK、写真/スズキ、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、FavCars.com

レビン&トレノはFRのAE86もいいけれど……FFのAE92も捨てがたい!?

走り屋の大好物はやっぱりFR!?  今も人気のFR車  vs. 負けちゃいねーぜFF車5選
スペイン語で「雷鳴」という意味を持つトレノ。姉妹車のカローラ レビンは固定式のヘッドライトに対して、トレノにはリトラクタブル式が採用された

 いまや神格化されたFRモデルと言っても過言ではないAE86のカローラ レビン&スプリンター トレノ。

 1983年5月に発売された標準モデルのカローラとスプリンターは5代目から駆動方式にFFが採用されたが、同時発売されたレビン&トレノはスポーティな走りを楽しんでもらえるようにあえてFRが採用された。

 ボディは2ドアノッチバッククーペと3ドアハッチバッククーペの2種類で、エンジンは1.5リッターの3A-U型と新開発の1.6リッターDOHC16バルブの4A-GEU型の2種類を設定。

 発売当初、GT系のトランスミッションは5速マニュアルトランスミッションでスタートしたが、1985年5月に電子制御4速ATのECT-Sが追加された。サスペンションはストラットに4リンク+ラテラルロッドという古典的な構成ながらも、それがかえってFRならではの走行特性とクルマを操るという楽しみを提供した。

 国民的自動車漫画で主人公が駆る一台として描かれたことも手伝って、後年になって人気は急上昇。現在の中古車市場でも平均300万円~400万円という状況となっている。

 そんなAE86から駆動方式がFFに、ボディも2ドアノッチバッククーペのみと大きく様変わりした後継モデルのAE92レビン&トレノも人気を集めたモデル。走行性能も高く、全日本ツーリングカー選手権では数多くのAE92が活躍した。AE86と比べると影が薄いが、あらゆる面でAE86を含めた当時のライバルたちを凌駕していたこともここに記しておきたい。

次ページは : 史上最強のシルビアといえば……走りに徹したスペックが魅力のS15でしょ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ