【エクリプスクロス ジムニー CX-5…】 検証・この冬一番楽しいSUVはどれだ!!


 全日本ラリー選手権や世界ラリー選手権などで活躍する日本を代表するラリースト 新井敏弘選手によって、いま最も「旬」なクルマたちを徹底比較してもらう試乗企画。今回は最新SUVの5台が出揃った!

・三菱 エクリプスクロス
・スズキ ジムニー
・マツダ CX-5
・ホンダ CR-V
・スバル フォレスター

 20年ぶりのモデルチェンジで新型になったジムニーの雪上走破性能には大いに期待が寄せられるが、実際どんなもんなのか!? ホンダi-MMDハイブリッド初の4WDとなった新型CR-Vのスノー性能は!? 新型になったフォレスターや、新たに2.5Lガソリンターボエンジンを搭載したCX-5の雪上走破性能も気になる! エクリプスクロスの4WDは評判がいいけれど、雪道を走って他車と比べたらどうなのか!?

 4WDの性能を試すにはうってつけの雪道で、加速タイム、制動距離、スラローム&ハンドリングはもちろん、雪上&一般道での燃費性能もテスト! また今回はエントリーが叶わなかったノートe-POWERについても最下段に掲載。合わせてお楽しみください!

ジムニー、エクリプスクロス、CR-V、フォレスター、CX-5と、人気の高いSUVの4WDモデルの雪上走行での実力を徹底的にテスト!

※本稿は2019年1月のものです
文:ベストカー編集部/撮影:池之平昌信、西尾タクト
初出:『ベストカー』 2019年2月10日号


■[TEST01] 0 → 50m加速タイム

 1.5Lターボと、CR-VCX-5と比べてトルクもパワーも低いエクリプスクロスが5秒35のベストタイム。

S-AWCをSNOWモードにすれば発進時から後輪にもトルク配分

エクリプスクロスはS-AWCをスノーモードにして発進すると、スタートの瞬間から4輪にしっかりと駆動力が配分され、後輪が押し出すようにクルマが前に出て行く。1.5Lターボのトルクは、2.5LターボのCX-5と比べると非力だけど、雪上のスタートでは功を奏して、絶妙なトラクションを発揮。

CX-5では微妙なアクセルワークでトラクションを引き出したけど、エクリプスクロスはガバッとアクセルを踏み込んでもしっかりと雪面を捉えてグイグイ加速した」と新井選手は分析。

CX-5に追加された2.5Lガソリンターボは2000rpmで最大トルク42.8kgmを発揮し、力強い走りを味わえる。4WDは発進時から後輪もトラクションがかかる

CR-Vのモータートルクはもの凄いね! 出だしから30km/hあたりまでの加速感は圧倒的。以前テストしたCX-5のディーゼルターボよりも力強い。

フォレスターはちょっと走るとあっという間にモーター用バッテリーが減ってしまってアシストが効かなくなり、スタートの瞬間のトルクがもの足りない印象。ジムニーは圧倒的なトラクションでグイグイ行くんだけど、いかんせんトルクがもの足りないのが残念」と。

■[TEST02] 50km/hからの制動距離テスト

 クルマを走らせる場合、特に滑りやすい雪道では発進加速よりも大切なのが制動性能だ。なにしろ「止まらない」のは事故に直結する。しっかりと止まれてこそ、雪道を安全に、楽しく走ることができるというものだ。

「一般的には軽いほうが制動には有利とされていますが、雪道では必ずしも軽ければいい、というものではありません」と新井選手は言う。

比較的軽い車体も功を奏し、16.7mで停止したCX-5。ただ、ペダルのフィーリングは、ABSのキックバックをダイレクトに伝えるものだった

「ある程度の車重があることでタイヤに荷重がかかり、しっかりと雪面に食い込むようにグリップ力を発揮することができます。前後の重量配分も大切で、フロントばかりに荷重がかかってしまうとリアタイヤのグリップ力を活かすことができず、フロントの2輪だけで制動力を負担することになってしまう。

そうなると当然、制動距離は伸びてしまう。フォレスターは後輪もしっかりと接地していて挙動が安定しています」と解説。

制動や発進時のトラクションは、タイヤの横幅よりも縦方向の接地面積が効いてくる

「また、タイヤは幅広化による横長の接地面よりも、大径、つまり円周が大きいタイヤによる縦長の接地面のほうがブレーキングでは有利です。総じてSUVのタイヤは大径なので、ブレーキンググリップは出しやすいのです」と言う。

 ジムニーはスッと停止した印象。テストシーンを外から見ていても、特に挙動を乱すことはなく、ABSが激しく介入しているようにも見えなかった。CX-5もABSの介入が適度で、スッと減速していく感覚だったと新井選手は評価した。

次ページは : ■[TEST03] スラローム&ハンドリングテスト

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ