なんとフェアレディZのリサイクル料金は約1万円!! この金額の算定方法とは?

なんとフェアレディZのリサイクル料金は約1万円!! この金額の算定方法とは?

 かなり古い家電を処分するときにリサイクル料金が必要になることがある。これは2001年より施行された「家電リサイクル法」により、廃棄された家電をリサイクルするために決められた料金を支払うことが義務付けられているからだ。

 これと同様にも乗用車も処分するときにリサイクル料金が必要となる。その仕組みについて解説しよう。

文/藤田竜太、写真/AdobeStock(メイン写真=petovarga@AdobeStock)

■2005年から施行された自動車リサイクル法

クルマはいつかは廃車となってしまうが、車体はリサイクルされる。そのためにリサイクル料金の支払いが義務化されている(gelog67@AdobeStock)
クルマはいつかは廃車となってしまうが、車体はリサイクルされる。そのためにリサイクル料金の支払いが義務化されている(gelog67@AdobeStock)

 自動車メーカーの工場からラインオフされたピカピカの新車も、永遠に使い続けることはかなわず、いつかは使用済み自動車として廃車になる運命にある。
経済産業省と環境省の資料によると、令和元年度の国内の使用済自動車発生台数は336万台。

 これらの使用済み自動車を確実にリサイクルするため、2005年の1月から自動車リサイクル法が施行され、ユーザーは新車を購入するときにリサイクル料金を支払うことが義務づけられた。

 リサイクル料金の額はクルマの種類、エアバッグ類の個数、カーエアコンの冷媒の種類などによって1台ごとに異なるが、例えば去年登場した日産のフェアレディZ(ZR34)の場合、1万700円となっている。

 車種ごとのリサイクル料金は、各自動車メーカーのホームページで確認できるが、軽自動車やコンパクトカーで、7000円から1万6000円。普通乗用車で1万円~1万8000円が目安。

■リサイクル料金の内訳

シュレッダーダストやエアバッグ類、フロン類の処分料金がリサイクル料金の大部分を占める(GarkushaArt@AdobeStock)
シュレッダーダストやエアバッグ類、フロン類の処分料金がリサイクル料金の大部分を占める(GarkushaArt@AdobeStock)

 その内訳は、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の処分料がメイン。シュレッダーダストは、使用済自動車から有用な部品や鉄などの金属資源を回収した後に残る樹脂、ゴム、ガラスなどの粉砕クズのこと。

 これが全体の約17%を占めるが、このシュレッダーダストの約75%は、樹脂やウレタンなどの可燃物なので、これらは熱回収リサイクルに回され、残りの約25%の金属やガラスなどの不燃物のうち、ガラス片などはタイルなどの材料に再利用される。

 リサイクル料金のうち、およそ6割がこのシュレッダーダストの処分料だ。そしてエアバッグの処分料が約2割。このエアバッグの処分料にはエアバッグ本体と事故時にシートベルトを瞬時に固定するシートベルトプリテンショナー含まれている。

 なお事故車などで、すべてのエアバッグとシートベルトプリテンショナーが作動していることが確認された個体は、エアバッグ類の料金が不要になる。

 最後のフロン類の処分料が約17%。エアコンが効かなくなってしまったクルマでも、明らかにカーエアコンの配管やゴムホースに裂傷や穴開きがある場合や、コンデンサーが破損していない場合を除き、フロン類回収業者が取外回収作業を行なうので、フロン類の処分料は免除されない。

 これらの処分費用に加え、リサイクル料には130円の「情報管理料金」(使用済自動車の適正処理の状況を電子管理するために要する費用)と、290円の「資金管理料金」(リサイクル料金の収受及び管理・運用に要する費用)も含まれている。(使用済自動車引取時は410円)

次ページは : ■リサイクル料は新車購入時に支払う そして手放せば帰ってくる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ