国交省も全力で注意!! 間違い使いは超危険!! スタッドレスタイヤは四輪全部装着しましょう

国交省も全力で注意!! 間違い使いは超危険!! スタッドレスタイヤは四輪全部装着しましょう

 いよいよ寒さ本番となってきたが、雪が降る地域に住んでいる、もしくは雪が降っている地域に行くことがある人にとってスタッドレスタイヤは必需品と言えるだろう。

 スタッドレスタイヤは全輪に装着するのが普通だが、「チェーンと同じように、駆動輪だけじゃダメなの?」という声を聞くことがある。そこで今回は、スタッドレスタイヤについて話をしようと思う。

文/今坂純也(DIRT SKIP)、写真/今坂純也(DIRT SKIP)、写真AC

スタッドレスタイヤは駆動輪だけでもOK?

 「駆動輪だけじゃだめなの?」という声は、おそらく「チェーンは駆動輪のみに付ければ良い」から来ていると思われる。いや、この「チェーンは~」に関しては、厳密には「クルマの取り扱い説明書に従う」がじつは正しいのだが……。

 そして、国土交通省の報道発表資料には「スタッドレスタイヤは全輪に装着することが基本」と明確に記載されている。

スタッドレスタイヤは4輪全てに装着して下さい!!

 これはなぜか? 

 現在の多くのクルマが採用するFF(前輪駆動車)で、フロントのみにスタッドレス、リアに夏用タイヤを装着した場合を考えてみよう。この状態である程度の速度を保ったまま平地のコーナーを曲がった場合、コーナーで遠心力が働くとグリップ力の非常に弱いリアタイヤはコーナーのアウト側に振り出されてしまう。

 運転技術の卓越したドライバーならなんとか運転できるかもしれないが、FR(後輪駆動車)での下りコーナーなんか最悪だ。操舵輪であるフロントは夏タイヤ、駆動輪のリアにスタッドレスを履いた場合、下りではフロント側に大きく荷重がかかるのにまるでグリップしてくれないからブレーキは利かない。ステアリングを切っても、グリップ力が希薄でコーナーのアウト側に向かってそのまま突進していくことが容易に想像できる。

 うーん、かなり怖い!

 現代のスタッドレスタイヤは夏タイヤと大きく変わらない乗り心地・操縦性を発揮するため、速度も「いつもよりは遅め」程度で走行する人が多い。そのため、スタッドレスタイヤと夏用タイヤを前後(もしくはその逆)に装着すると、速度はいつもより少し遅めだが操縦性は前後で大きく変わってしまって事故につながる可能性はかなり大。よって、国土交通省では「全輪に装着」と指導していると思われる。

間違い使いは超危険!? スタッドレスタイヤは諸刃の剣
駆動輪だけの交換はNG。スタッドレスタイヤを装着する時は全輪交換が鉄則だ

次ページは : 走行時の注意点は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!