EVの「電欠」に心強い助っ人登場! 駆けつけ充電サービスついに爆誕!!!

EVの「電欠」に心強い助っ人登場! 駆けつけ充電サービスついに爆誕!!!

 今回はEVの「電欠」に頼もしい味方が登場!! ホンダeオーナーでもある自動車ジャーナリスト 片岡英明氏も大歓迎!!?

※本稿は2022年12月のものです
文/片岡英明 ベストカー編集部 、写真/AdobeStock(メイン写真=Samuel B.@AdobeStock)、ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2023年1月26日号

■EVのピンチに「砂漠のオアシス」的サービス登場

ロードサービス事業などを手掛けるプレステージ・インターナショナルは、EVの電欠時に充電施設までレッカー移動するのではなく、その場で充電するサービスを開始。これは朗報だ(paulynn@AdobeStock)
ロードサービス事業などを手掛けるプレステージ・インターナショナルは、EVの電欠時に充電施設までレッカー移動するのではなく、その場で充電するサービスを開始。これは朗報だ(paulynn@AdobeStock)

 ロードサービス事業などを手掛けるプレステージ・インターナショナルは、EVが電欠した時に充電施設までレッカー移動するのではなく、その場で充電するサービスを開始しています。EVオーナーには朗報です。

【片岡氏のコメント】

 サクラとeKクロスEVがイヤーカーに輝くなど、EVが大きな伸びを見せている。だが、EVが急速に普及したことで、走行中に電池切れの電欠になるトラブルも増えてきた。

 第一世代のEVは電池の搭載量が少ないから、航続距離も短かった。ロングドライブはハラハラドキドキで、ちょっと油断すると電欠に陥る可能性も高かったのだ。

 ボクも残量が5%を切り、焦ったことが何度かある。電欠を起こした現場まで駆けつけ、そこで充電してくれればドライバーは大助かりだ。

 短時間で自走が可能になるから最小のロスですむ。すでに実証実験を終え、15の都道府県でサービスを開始した。

 2023年春には充電サービスを全国47都道府県に広げるというから、EVのオーナーはいざという時のためにメモっておきたいね。頼もしい助っ人の登場はうれしい限り。

【画像ギャラリー】EVオーナーには超朗報!! 電欠で立ち往生したEVにその場で充電してくれるサービスが登場!!(4枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!