マツダ ロードスターとダイハツ コペンは最短3カ月納車!? 最新国産スポーツ納期情報

マツダ ロードスターとダイハツ コペンは最短3カ月納車!? 最新国産スポーツ納期情報

 内燃エンジン車の終末を前に、最後(?)のスポーツカーブームが到来している。だがモデルによっては「売り切れで買えないかも」「中古も暴騰中」という現実もある。現時点での国産スポーツの現状と展望を分析してみようじゃないか!

※本稿は2022年11月のものです。納期は執筆当時のものとなります。
文/清水草一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2022年12月26日号

■トヨタ GRスープラ

トヨタ GRスープラ。走りはいいが、デザインに歴代スープラとの共通点がやや薄く、見た目がくどすぎるのが残念
トヨタ GRスープラ。走りはいいが、デザインに歴代スープラとの共通点がやや薄く、見た目がくどすぎるのが残念

 トヨタ GRスープラ。豊田章男社長が、「スポーツカーの火を消してはならない!」と、BMWとの協業により発売にこぎつけたスポーツカーで、パワートレーンはBMW製だ。

 走りはピュアスポーツカーにふさわしいが、デザインは北米向けでかなり大味。夢度はやや低い。納車待ち約半年なので、買おうと思えば普通に買えるのが救いだ。

●トヨタ GRスープラの判定
・夢度:60点
・絶望度:△10点
・状況:納車待ち半年程度
・合計:50点!

■トヨタ GR86/スバル BRZ

トヨタ GR86/スバル BRZ。いいスポーツカーなんだけど、「夢」を抱くには何かが足りない。納車待ちもかなり長い(写真はスバル BRZ)
トヨタ GR86/スバル BRZ。いいスポーツカーなんだけど、「夢」を抱くには何かが足りない。納車待ちもかなり長い(写真はスバル BRZ)

 GR86/BRZも、章男社長の肝いりで、スバルと共同開発されたスポーツカー。ありがたくて涙が出る。

 排気量が2.4Lに拡大され、パワーアップしているが、ターボがないのでチューニングには限界がある。デザインは教科書的かつ凡庸で、心に刺さる部分が薄い。ゼイタクは言えないが、こちらもあまり燃えてこない。

●トヨタ GR86/スバル BRZの判定
・夢度:80点
・絶望度:△20点
・状況:納車待ち1年程度
・合計:60点!

■レクサス LC500

レクサス LC500。5L、V8の美声は感動的! コンバーチブルならさらに感動! さすがラグジュアリー
レクサス LC500。5L、V8の美声は感動的! コンバーチブルならさらに感動! さすがラグジュアリー

 レクサスも2台のスポーツカーを持っている。LCとRCだ。いまやレクサス販売の7割近くをSUVが占めているが、スポーツカーの火を絶やさない姿勢はスバラシイ!

 上級モデルのLCは、メルセデスSLなどのラグジュアリースポーツの分野に属し、販売は比較的好調だ。パワーユニットはハイブリッドとガソリンの2種類だが、ガソリンモデルは5LのV8エンジンを搭載しており、LFA譲りの超快音を奏でる。この音だけでもLC500には価値がある。

●レクサス LC500の判定
・夢度:70点
・絶望度:△10点
・状況:納車待ち半年程度
・合計:60点!

次ページは : ■レクサス RC F

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号