まさに王者の風格……!! 「チーム三菱ラリーアート」アジアクロスカントリーラリー2022熱戦レポート!!!

まさに王者の風格……!! 「チーム三菱ラリーアート」アジアクロスカントリーラリー2022熱戦レポート!!!

 2021年5月、復活が高らかに宣言された三菱自動車のスポーツブランド「ラリーアート」。まずは手始めにタイのラリーチームへの技術支援という形で、その名も「チーム三菱ラリーアート」としてアジアクロスカントリーラリー2022に参戦! その詳細をレポート!!!

※本稿は2022年12月のものです
文/諸星陽一、写真/三菱自動車、諸星陽一
初出/ベストカー2023年1月10日号

■「三菱ラリーアート」の名がモータースポーツに帰ってきた!

チーム三菱ラリーアートがアジアクロスカントリーラリー2022を制した。タイのラリーチームへの技術支援という形での参戦だが、チーム名に「ラリーアート」を冠すれば、世界中のモータースポーツ関係者から注目されるだろう
チーム三菱ラリーアートがアジアクロスカントリーラリー2022を制した。タイのラリーチームへの技術支援という形での参戦だが、チーム名に「ラリーアート」を冠すれば、世界中のモータースポーツ関係者から注目されるだろう

 「チーム三菱ラリーアート」。

 ラリーアートの名が冠されたチームがモータースポーツに復帰、そして優勝した。イベント名は「アジアクロスカントリーラリー2022」。

 1996年に始まった(2019~2021年は新型コロナの影響で中止)この大会は、アジアの複数国にまたがってラリーレイドを行うもので、今大会はタイを出発しカンボジアまで、途中6度のSSを経て、総走行距離約1700kmで争われた。

アジアクロスカントリーラリー2022 コースマップ
アジアクロスカントリーラリー2022 コースマップ

 出場マシンはピックアップトラックのトライトン。チームの総監督はダカールラリーで優勝経験のある増岡浩だ。

 勝ちにこだわりのある増岡だが、今回のスタート前には「できれば上位入賞を狙っていきたい」と意外と弱気であった。

 チームもあまり幸運に恵まれなかった。3台体制で臨んだものの、そのうちの1台のドライバーが新型コロナに感染、リタイヤとなったため、2台体制となったのだ。

大会2日目。203.5kmと、今大会最長となるLeg1 SS2でトップを取った105号車のチャヤポン・ヨーター。この日作ったリードが効いた
大会2日目。203.5kmと、今大会最長となるLeg1 SS2でトップを取った105号車のチャヤポン・ヨーター。この日作ったリードが効いた

 SS2で105号車のチャヤポン・ヨーター(タイ)が2位に4分強のリードをもってトップタイムをマークした際も、118号車のリファット・サンガー(インドネシア)がパンクが原因によるリアサスペンション損傷で8位となったこともあり、増岡は「まだまだ先は長い、気が抜けない」と慎重だった。

高速フラットダートがメインのLeg2 SS3を走る118号車、リファット・サンガー。前日のパンクは不運だったが、8位でスタートし5位に浮上
高速フラットダートがメインのLeg2 SS3を走る118号車、リファット・サンガー。前日のパンクは不運だったが、8位でスタートし5位に浮上

 しかしチャヤポンは最初のリードタイムが生きた。

 ライバルが徐々にタイムを詰めてくるが、チャヤポンのタイムには届かない。逆にチャヤポンはこのタイム差を生かし、各SSを無理のない走りでクリア。優勝につなげた。

 一方、リファットも徐々に順位を上げ、最終的には総合5位でのゴールとなった。

Leg3 SS4。フラットダート主体だが、マッド、グラベル、ターマックと、路面は変化に富む。場所によっては水深50cmを超える水たまりも
Leg3 SS4。フラットダート主体だが、マッド、グラベル、ターマックと、路面は変化に富む。場所によっては水深50cmを超える水たまりも

 今回は三菱が技術支援という形でタイのラリーチームに関わってこの偉業を達成したのだが、チーム名にラリーアートの名がついていれば、世界中から大注目されるのは当たり前である。

 ラリーアートの顔である増岡をはじめ、メンバーの重圧もかなりのものだったはずだ。

 しかし、それらを押しのけて勝利にたどり着いたのは、まさに老舗ならではの経験値の差だといえる。

総合2位は「トヨタ・クロスカントリーチーム・タイランド」のハイラックスRevo。3位には塙郁夫選手のトヨタ・フォーチュナーが入った
総合2位は「トヨタ・クロスカントリーチーム・タイランド」のハイラックスRevo。3位には塙郁夫選手のトヨタ・フォーチュナーが入った
いすゞのピックアップトラック、D-MAX。広範囲に改造の手が入っているのかパワーがあり、トライトンもかなり苦しめられたという
いすゞのピックアップトラック、D-MAX。広範囲に改造の手が入っているのかパワーがあり、トライトンもかなり苦しめられたという

 PHEVやeKクロスEVなど電動モデルへの注力が際立つ三菱だが、世界、特にアジアに向けては生活やビジネスで重要な役目を果たすピックアップトラックにも力を入れている。

 この勝利は、アジア圏でのトライトン人気を一気に押し上げることになるだろう。(文中敬称略)

アジアクロスカントリーラリー2022 リザルト
アジアクロスカントリーラリー2022 リザルト
【画像ギャラリー】「復活」の鼓動が聞こえる…!!! 三菱トライトン ラリー仕様車を見る(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!