【N-BOX 販売23万台で首位へ】 2018年総合・カテゴリー別年間販売ランキング


■コンパクトカー

 日産からノートが2018年登録車の販売台数ナンバーワンという発表があったため、「なんでアクアが1位?」と思われる方に説明しておくと、ベストカーではハイブリッド車と内燃機関のみ車で集計を分けている。そのため、今年もアクアが1位となった。

 ノートは合算すれば13万6281台となるので「車名」ではトップとなる。

日産のノート

 上位6台は去年と同じランキングとなっている。ソリオは僅差でランク外となり、代わりにガソリンエンジンのノートが10位に食い込んだ。

 2019年は、ヴィッツからヤリスになること、フィットのフルモデルチェンジをベストカーは予想しており、このあたりが順位に大きく影響を与えるだろう。

■セダン・ハッチバック・ワゴン

 去年は集計していないが、SUVやコンパクトと比べて少し地味なジャンルになってしまったセダンハッチバックワゴンを一緒に集計した。

 プリウスの1位は盤石で、2位以下が混戦になるかと予想されたジャンル。新型クラウンが好調で、6月登場にも関わらず2位。3位にはなんとEVのリーフがランクイン。

2位に入ったクラウン

 マイチェンすらほとんどしていない日産はともかく、2017年9月にシビックを投入するなどしたホンダからのベスト10入りがシャトルハイブリッドのみというのがなんとも寂しい。走り以外に何か一芸がないと、トヨタに太刀打ちできないカテゴリーのようだ。

 2019年はカローラスポーツが入ってくるだろう。新型マツダ3がどうランキングを引っかき回すのか注目したい。

次ページは : ■ミニバン

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ