【N-BOX 販売23万台で首位へ】 2018年総合・カテゴリー別年間販売ランキング


■ミニバン

 2017年はセレナが1位だったが、2018年は僅差でヴォクシーが首位に立った。

 セレナはずばり、e-POWERの追加によりガソリン車の販売台数が減った形だ。e-POWERとガソリン車を合算すれば9万9865台となる。アルファードは2017年から30%以上数字を伸ばして躍進。ヴェルファイアは少し数字を落としたが、アルヴェル全体で見ると数字を伸ばしている。

首位に立ったヴォクシー

 ステップワゴンはハイブリッドモデルが追加され、そちらが数字を伸ばしたこともあって販売台数が減ったのか、今回はランクダウン。シリーズ全体では5万6872台となる。

 2019年は大きな動きもなく、営業力勝負となりそうだ。

■SUV

 C-HRハイブリッドが大きく数字を落とし、ハスラーが首位に立った。

 ハリアーも数字が落ち、ヴェゼルハイブリッドCX-5エクストレイルが繰り上がった形になる。CX-8クロスビーランドクルーザープラドは去年ランク外だったが今年はランクインした。

 3列シートのCX-8にデカハスラーのクロスビー、悪路に強いランドクルーザープラドが新型になったことなど、個性的なSUVが増えたことがC-HRやハリアーの数字が落ち着いた要因かもしれない。

CH-Rを抜いて首位に出たスズキ ハスラー

 2019年はジュークがフルモデルチェンジされe-POWERが追加されたら面白い。また、RAV4登場がCX-8の販売台数にどう影響を与えるか注目だ。

次ページは : ■スポーツ&GT

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ