トヨタの“本気革命”はここから始まっていた! レクサスIS Fの魅力と知られざる真実

トヨタの“本気革命”はここから始まっていた! レクサスIS Fの魅力と知られざる真実

 「伝説の名車」と呼ばれるクルマがある。時の流れとともに、その真の姿は徐々に曖昧になり、靄(もや)がかかって実像が見えにくくなる。ゆえに伝説は、より伝説と化していく。

 そんな伝説の名車の真実と、現在のありようを明らかにしていくのが、この連載の目的だ。ベテラン自動車評論家の清水草一が、往時の体験を振り返りながら、その魅力を語る。

文/清水草一
写真/トヨタ

【画像ギャラリー】名車・レクサスIS Fを写真で見る!(5枚)画像ギャラリー

■大人気モデルのオリジナルとは?

 5.0L V8エンジンを搭載したレクサスのスポーツセダン、IS500 Fスポーツパフォーマンスが、”おっさん殺し“として話題だ。500台限定のファーストエディションには6000件の応募が殺到し、10倍以上の競争率の抽選となった。かく言う私も、次の抽選販売に参加するつもりでいる。なにしろおっさんですから!

「IS500」は2022年8月に新規追加された、現行型ISのパフォーマンスモデル。大排気量NAスポーツという点でも「IS F」に通じるものがある
「IS500」は2022年8月に新規追加された、現行型ISのパフォーマンスモデル。大排気量NAスポーツという点でも「IS F」に通じるものがある

 ところでこのIS500は、「レクサスIS Fの再来」と言われている。正確には、IS500の肩書(?)は「Fスポーツパフォーマンス」だが、IS Fのそれはズバリ「F」。もちろん富士スピードウェイのFである。レクサス、いやトヨタとしては、IS FのほうがサーキットもOKの本気マシンであり、IS500は公道用。IS Fのほうが格上なのだ。

 IS500に乗ると、「これが格下!?」と思うしかない素晴らしいパフォーマンスだが、それより格上だったIS Fとはいったいどんなマシンだったのか。私に言わせれば、IS Fは、トヨタの革命児だった。

 この4月に会長に退く豊田章男氏が社長に就任したのが2009年。そこからトヨタの「もっといいクルマを!」革命が始まったが、実はその2年前に革命は起きていた。それほどまでにIS Fの走りは衝撃的で、それまでのトヨタの堅実イメージを粉微塵にしてくれた。

 最初の試乗会は、2007年秋、富士スピードウェイで行われた。その時点で、堅実なトヨタらしくない冒険だったが、中身は「F」の名に恥じないものだった。当時の私は、以下のようなインプレッションを記し、その衝撃を読者に伝えようとした。

■デビュー当時に記された”過激さ”

2007年、当時の2代目ISに追加される形で登場した「IS F」。エンジンだけでなく、トランスミッションやサスペンション、アルミホイール、タイヤまで専用開発された
2007年、当時の2代目ISに追加される形で登場した「IS F」。エンジンだけでなく、トランスミッションやサスペンション、アルミホイール、タイヤまで専用開発された

 レクサスIS F。レクサスで一番小さい ISに、なんと5.0L V8エンジン(423ps!)を搭載した、メルセデスベンツ C55AMGばりのスーパーセダンだ。ちなみに末尾の「F」は、富士スピードウェイのF。先日のF1は大失敗だったが、試乗コースはその富士だ。血がたぎるぜ。

 とは言っても石橋を叩いて渡るトヨタ。乗ったら「やっぱりか」みたいなクルマじゃないかと思ってたんだけど、発進した瞬間にブッ飛んだ。「なんじゃこりゃあああああぁぁぁぁぁ~~~~!」

 まさにAMGそのものの迫力ある乾いた低音が、カッコよくナナメに配置されたデュアルマフラーから「ブオオオオオ」と吐き出され、3600rpmからは管楽器のような「コオォォォォ~~~」という吸気音に変化。回すにつれてトルクはドカンと盛り上がり、AMG以上の迫力だ。そのまま6800rpmからのレッドゾーンまで、BMW M3並みに超絶ナメラカに突き抜ける!

 ミッションはスーパーダイレクト&スポーティな8速AT。変速油圧をウルトラ高めて電子制御しまくり、変速スピードはフェラーリのセミAT「F1スーパーファスト」をも上回る。信じられん! トヨタがこんな過激なクルマ作るなんて!!

 VSCスイッチをオフにして富士の濡れた路面を攻めれば、V8の大パワーによりコーナー立ち上がりでいともたやすくドリフトモードに。フツーのオヤジが運転したてら即死だろ! スバラシイ! もちろんオフにしなきゃ大丈夫です。

 このクルマ、日本国内の販売台数はたったの月40台。アメリカでは400台だそうで、10分の1やんけ。まったく最近の日本人はフヌケよのう。

次ページは : ■気合いの入ったサーキット仕様の装備群

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!