【永遠のライバル スズキvsダイハツ】 現行車カテゴリー別対決で両メーカーの“今”を見る


 日本人の日常の生活を支え足となってくれる身近なクルマ、軽自動車とコンパクトカー。長年、これらのモデルをメインに世に送り出してきた代表的企業がスズキとダイハツだ。そしてこの2社はまた、飽くなき戦いを繰り広げてきた2社でもある。

 スズキに伝統と独自性のジムニーがあれば、ダイハツはタントという新発想のモデルを開発。燃費競争もあった。互いに切磋琢磨するなかで、ユーザーに応える魅力あるモデルを作りだしてきた2社だ。

 下の表、2012年の軽自動車の項目を見ていると、両社の軽自動車の販売台数の差は10万台以上も開いていた。が、2017年は差をつめてきている。互いにしのぎを削る様が滲み出る数字といえる。

 現行軽自動車のカテゴリー5種で、魅力度、そして「買うならどっち?」を判定。両社の“今”を見てみよう。

※本稿は2019年2月のものです
文・判定:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


【5ドアハッチバック対決】 スズキ アルト対ダイハツ ミライース

 この2台は「低燃費と低価格」が特徴で、軽自動車の本質を貫く商品だ。

 両車とも軽量化に力を入れ、売れ筋グレードの車重とJC08モード燃費は、アルトS(106万1640円)が650kgで37km/L。ミライースX・SA3(108万円)は670kgで34.2km/L。アルトがややリードしている。

●スズキ アルト(価格:84万7800~165万5640円)…軽いボディで走りが優れ、JC08モード燃費は軽自動車でNo.1の37km/Lだ

 車内の広さは互角で、後席の足元にも相応の余裕がある。長距離移動でなければ、大人4名の乗車も問題なし。

 また自動ブレーキを作動できる安全装備は、アルトが単眼カメラ+赤外線レーザー、ミライースは2個のカメラで対象物を検知。両方とも歩行者に対応する性能を持つ。

●ダイハツ ミライース(価格:84万2400~134万7840円)…低価格車ではあるがスマートアシスト3が備わり、価格のわりに車内は上質なつくり

 そして動力性能面ではボディの軽いアルトに余裕がある。最大トルクもアルトの6.4kgmに対し、ミライースは5.8kgm。燃費と走りの違いでアルトの魅力が強いといえる。

【買うならどっち?】……スズキ アルト

*   *   *

【ハイトワゴン対決】 スズキ ワゴンR対ダイハツ ムーヴ

 両車ともに軽自動車界の主力車種。全高は1600mm~1700mmと高く、後席も広い。軽自動車を買う時はこの2車種を検討して、不満が生じた時にスペーシアやタントを考えると合理的だ。

 車内の広さは互角だが、後席の座り心地は異なる。ワゴンRは快適だが、ムーヴは床と座面の間隔が不足し足を前方へ投げ出す姿勢になりやすい。座面の柔軟性も乏しい。

●スズキ ワゴンR(価格:107万8920~177万9840円)…現行モデルは前後席の居住性、シートアレンジ、燃費など機能を幅広く向上させている

 さらに後席のアレンジも異なり、ワゴンRは背もたれを倒すと座面も下がって平らな荷室になるが、ムーヴにこの機能はない。背もたれが単純に倒れるだけだ。

 気になる走行性能は、ワゴンRがスタビライザーを装着したハイブリッドFZ以上であれば互角だ。乗り心地はムーヴが少し快適に感じる。

●ダイハツ ムーヴ(価格:111万2400~174万9600円)…走行安定性と乗り心地のバランスが優れ、その出来は“セダン的価値観”といっていい

 JC08モード燃費は、ワゴンRハイブリッドFZが33.4km/L、ムーヴは31km/Lで、機能と価格のバランスは同等だ。総合的に判断するとワゴンRが買い得になる。

【買うならどっち?】……スズキ ワゴンR

*   *   *

次ページは : 【スーパーハイトワゴン対決】 スズキ スペーシア対ダイハツ タント

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ