【永遠のライバル スズキvsダイハツ】 現行車カテゴリー別対決で両メーカーの“今”を見る

 日本人の日常の生活を支え足となってくれる身近なクルマ、軽自動車とコンパクトカー。長年、これらのモデルをメインに世に送り出してきた代表的企業がスズキとダイハツだ。そしてこの2社はまた、飽くなき戦いを繰り広げてきた2社でもある。

 スズキに伝統と独自性のジムニーがあれば、ダイハツはタントという新発想のモデルを開発。燃費競争もあった。互いに切磋琢磨するなかで、ユーザーに応える魅力あるモデルを作りだしてきた2社だ。

 下の表、2012年の軽自動車の項目を見ていると、両社の軽自動車の販売台数の差は10万台以上も開いていた。が、2017年は差をつめてきている。互いにしのぎを削る様が滲み出る数字といえる。

 現行軽自動車のカテゴリー5種で、魅力度、そして「買うならどっち?」を判定。両社の“今”を見てみよう。

※本稿は2019年2月のものです
文・判定:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ