ワケあって生産終了になった“愛すべき絶滅車たち” 10選

ある車種が生産終了(絶滅)となる理由は、基本的には「売れなくなったから」というシンプルなものです。では、なぜ売れなくなるか? といえば、主には「時代の流れに伴ってユーザーの嗜好や社会背景が変わってしまったから」ということになります。これはもう商業製品としては致し方ない話であり、誰を責めるべきものでもありません。

ですが……なかにはそのようにやむを得ない理由で絶滅したわけではない、トンチキでトンパチな“愛すべき絶滅車種”もあるものです。

冷静に考えれば絶対に売れなさそうなコンセプトに対して、なぜかフルスイングをカマしてしまったモデル。あるいは、いろいろ考えすぎて逆に自滅してしまったモデルなどが、そんな“愛すべき絶滅車種”に該当するでしょう。

ということで、ここでは“わけあって”絶滅した10車種の絶滅理由を、そのクルマ自身に(?)語ってもらうことにします!

※本稿は2019年2月のものです
声の出演:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■地球温暖化で絶滅したセラさん(トヨタ・1994年絶滅)

パブリカ「1961年でも8月の東京の平均気温は26.8度だったけど、キミの時代は?」
セラ「1990年8月の平均が28.6度でしたね。東京で」
パブリカ「地球温暖化だね」
セラ「ですね~。おかげでボクも絶滅しましたし」
パブリカ「そうなの? たった1.8度の差じゃない?」
セラ「ボクみたいな「グラスキャビン」には、その1.8度がデカいんですわ」
パブリカ「そういえばビニールハウスの中より暑いとか」
セラ「エアコンありますけどね、追いつかないんですよ」
パブリカ「そりゃ絶滅もするよね~……って、最初からわかってた話じゃないの?」
セラ「だと思うんですけど、なぜかそのまま発売されちゃったんですよね~」
パブリカ「大トヨタも、たまにワケわかんないね~」
セラ「そこが可愛いとも言えるんですけどね~。まぁ、んなこと言ってる間に絶滅しちゃいましたけどね~」

1990年に登場したセラはガルウイングドアで、グラスキャノピーを採用。外からも丸見えだった

特徴的なガルウイングドアはルーフもガラス

■大和民族の草食化により絶滅したセリカさん(トヨタ・2006年絶滅)

私の人生は常に日本男児の熱き魂とともにあった。私は街道レーサーたちの心をとらえ、同時に世界ラリー選手権などのシビアな実戦にも投入された。そしてデートカーとしても活躍させてもらった。

しかし1999年、私はデートカーとしてのみ生きることになった。私はそれでも構わないと思った。だが、その時代の男たちはもはや草食動物的な顔つきで女子と手をつなぎ、電車に乗っていた。

私は絶滅した。だが今後、かつての私の役割は、新型スープラ君が果たしてくれるのかもしれない。

1970年誕生の歴史あるスペシャルティカー。7代目まで続いたが、2006年に販売終了となった

■エロすぎて絶滅したS-MXさん(ホンダ・2002年絶滅)

みんなオレのこと「エロいクルマ」とか「エッチすぎる」とか言うけど、それって失礼ですよ。確かに前後のベンチシートを倒せばちょうどセミダブルサイズのベッドになるし、そこからスッと手を伸ばした場所にティッシュボックスの収納スペースは作りましたよ。で、それをエッチ方面に活用させることもぶっちゃけ意図してましたよ。

でもそれはオレの個性の一部であって、すべてはないわけですよ。オレ的には、オレはあくまでも実用的で手頃なサイズのクリエイティブ・ムーバーであることが誇りなんですから。

でも正直……若者の性欲をナメてたね。あいつらがソッチ方面の使い方ばっかりするもんだから、すっかりそのイメージが強くなっちゃって、大人世代には毛嫌いされて売れず、結局オレ、絶滅しちゃいましたから。

もうね、人間の性欲と食欲は絶対にナメたらダメだと痛感しましたよ。

若者をターゲットに1996年登場。ベンチシートの内装などが当時斬新で話題に。真ん中の「M」を隠してクイズを出す遊びが大流行した(ウソです)

■流行に乗り遅れたエクシーガさん(スバル・2018年絶滅)

我ながらホレボレするわぁ、この乗り心地……。「ブームなのに、ウチにはミニバンがないぞ!」ってことでスバルが開発して、満を持して2008年に発売されたのが私ですわ。あのね、私はいいクルマですよ。

誰も言ってくれないんで自分で言いますけどね。「食い過ぎたレガシィ」だって?

2008年に誕生。2015年にSUV仕様のクロスオーバー7に生まれ変わったが、2018年に販売終了

やかましいわ。私の売りウリはそこじゃないんで。でもね……とにかくタイミングが遅かったですわ。

ミニバンブームに乗っかろうと思ったんでしょうが、私が出た時にはもうロールーフミニバンって下火でしたから。さらに“エコカー”がブームになりかけた時期に、(NAもあるけど)カタログ燃費12.0km/hの2Lターボですから、「そりゃ売れねえだろ」って私自身思いますよ、あはは。

最後はクロスオーバー7に改良されましたけどね、背が高いスライドドア付きが好きな皆さんには、見事に届きませんでした。

■車格ダウン→人気ダウンで絶滅 bBさん(トヨタ・2016年絶滅)

初代bB(以下、初代)「おう、久しぶり。調子はどや?」
2代目bB(以下、2代目)「こんちは。絶滅しました」
初代「……聞いてへんで。ていうかジブン、よう見るとビミョーに華奢なカラダやな」
2代目「先代はヴィッツがベースですけど、ボクはパッソがベースですからね」
初代「そやったっけ? ジブン、室内はむしろワシより広いから忘れとったわ」
2代目「骨格がショボい分、室内を無理やり広げたんです」
初代「……そやったな」
2代目「先輩の内装はシンプルだからカスタムしやすかったけど、ボクのはトヨタさんが最初からそれっぽい内装にしちゃいましたしね」
初代「トヨタのガキャあ、いらんことしよって」
2代目「でもまぁもういいんです。ボクはダイハツCOO君とスバルDEX君と3人で、純正オーディオで『神田川』聴きながら、中古車屋さんで余生を過ごしますから」
初代「ジブン、顔は相変わらず派手だけど、性格はドえらい暗くなったのう……」

初代より派手なデザインで2005年に登場した2代目bB 。ロングセラーになったが2016年に販売終了

2代目ではダイハツ版のCOOも登場した

■「ホンダスポーツ」になりきれなかったCR-Zさん(ホンダ・2017年絶滅)

評価が“定義”によって変わる場合がありますよね。で、これは私にも当てはまる話なんですよ。

もし私が「スポーツカー」として評価されたなら、確かにパワーもトルクも今ひとつで、高揚感も足りません。でも「ハイブリッド車のひとつ」として見るなら、スポーティで楽しいクルマかもしれないじゃないですか?

ということで冷静に自己分析してみると……やっぱダメか。スポーツカーとしては今ひとつだと我ながら思いますし、フツーのハイブリッド車として使うには、後席が劇的なまでに狭くて、後方視界もイマイチ。そんでもって荷物もあんまり載りませんし。ま、絶滅すべくして絶滅したということですわ。どっちつかずな私ですみませんでした。

環境性能と走りを両立したハイブリッドスポーツとして2010年に登場したが後継車なく絶滅

■二兎を追う者は一兎をも得ず、で絶滅したルネッサさん(日産・2001年絶滅)

あ、そこ! 頭ぶつけるから気ぃつけて! ……すんまへん、そこそこ屋根の高いクルマですのに、中は妙に天井が低うて。マーチはんでも室内高1270mmはあるんですが、ウチは1130mmしかないんですわ。そやからお座りになる時は足投げ出すか、体育座りでないとあきまへんねや。

なんでこんな天井低いかって? そらあんた、ウチのドンガラはもともとアメリカさん向けの電気自動車ですさかい。こう見えてフロアは二重構造の高床になっとりまして、床下には12個のリチウム電池を格納できるんですわ。

へ? このクルマの床下にも電池があるのかって? ……そんなんあるわけおまへんがな! ウチはエンジン駆動ですさかい、ナメてもろては困ります! へ? こないワケわからんクルマ要らん、もう帰る、と? ですよねぇ……。ウチもちょうど、もう商売たたもうと思うてたとこですわ。ほな、さいなら。

米国向けEVをベースに2L、2.4Lエンジンなどを搭載して1997年に登場したが2001年に販売終了

■完全に目測を誤ったエディックスさん(ホンダ・2009年)

統計によりますと2000年における30歳~34歳男性の未婚率は約43%、女性のそれは約27%であります。

この数字からわかるのは「大半の男女が婚姻をしている」という大まかな事実です。そして男女が婚姻していれば妊娠および出産へと至る可能性は高く、出産後は送迎等のため自家用車を必要とするケースが増えるものであります。

そして独自調査によればその際、3列シート車ではなく「3席×2列の全座席独立シート」のほうが好ましい、という検討結果になりました。

前列中央にチャイルドシートを設置できれば、ご両親は走行中も両サイドからお子様の様子を見守れるため、大いに安心できるはず──という骨太な予測であります。が、結果としてぜんぜん売れませんでした。

え~、いろいろ申し上げましたが、端的にまとめますと「ちょっとニッチすぎた。ぶっちゃけ目測を誤った。すまん」ということであります。現場からは以上です。

2004年に6人乗り2列シートワゴンとして誕生したが一代で終了

前席の真ん中に小さな子どもが座れるシートレイアウトを採用したのが特徴だった

■全部盛りで自爆したギャランスポーツさん(三菱・1996年絶滅)

ボク、「ありのままの自分」で世に出るのが怖かったんです。ほら、欧州はさておき日本では5ドアハッチバックって不人気ですから。

だから、当時のRVっぽいグリルガードとルーフレールをまずは足しました。でもそれだけじゃまだ不安だったんで、パジェロっぽい2トーンカラーにもしました。「スポーツカー風の雰囲気も足したほうがいいかな?」と思い、リアウイングも付けたんです。

売れたかって? “全部盛り”が好まれるのはラーメンだけなんですよ。

RVブームに乗ってSUV風にグリルガードなどを装着して1995年に登場したギャランスポーツ

■クール過ぎて絶滅したR1さん・R2さん(スバル・2010年絶滅)

2005年に5ドアハッチバックのR2が登場

R1「兄さん、大衆はいつだって愚かだよね」
R2「弟よ…そんなことは言うもんじゃーない…」
R1「だってそうじゃないか! ボクらは見てのとおりスーパーおしゃれさんだし」
R2「そうだな」
R1「ほかの軽自動車みたいなショボい3気筒じゃなくて4気筒エンジンだし」
R2「そうだな」
R1「狭いけど、ほとんどの人はクルマなんてどうせ1~2名でしか乗らないし」
R2「そうだな」
R1「なのに……無駄に背が高くてダサい連中ばかりが売れて、ボクらが絶滅するなんて納得いかないよ! 世の中の連中は見る目がないよ!」
R2「……弟よ。我々は試合に負けたのだ。“時代に負けた”といってもいい。でも、勝負には決して負けていないと兄さんは思ってる。そのことを誇りに、静かに眠りにつこうじゃないか。それでいいんだ」
R1「兄さん……悔しいよ」

R2デビューの翌々年、2005年にクーペ版であるR1が発売

■ほかにも絶滅したわけが、まだありまして……

「わけあって絶滅しました」という車種はほかにもいろいろあります。

たとえばトヨタiQ。これなんかは「ニッポンが軽自動車王国すぎて絶滅」ということになるでしょう。悪いクルマじゃないんですが、使い勝手がよくて経済的な軽自動車が山ほどある国で、わざわざマイクロ普通車を買う人はいないという話ですな。

トヨタiQ

あとはホンダストリームトヨタウィッシュ。これの場合はロールーフミニバン同士で血みどろの抗争にかまけているうちに、気づいたらロールーフミニバンブームが風と共に去ってしまったと。

さらにはいすゞビークロス。これ、外観はかなり前衛的でカッコよかったんですが、内装が流用品だらけの凡庸なデザインだったため、割と早く飽きられちゃいましたね。

いすゞビークロス

あとはスバルのインプレッサカサブランカ。当時のレトロ顔ブームに乗っかって思いつきで(?)発売されたモデルですが、あまりにも変顔すぎて一瞬で絶滅しました。

インプレッサカサブランカみたいに「本当にダメダメな絶滅車種」(言い方)もありますが、多くの絶滅車は、その時々のメーカー各社のディープな情念が感じられて、なかなかおもしろくも愛おしいものです。なので、たまにはこうして思い出してやってくださいね!

●トヨタ iQさん : 軽自動車王国すぎて絶滅
●ホンダ ストリームさん&トヨタ ウィッシュさん : 地殻変動により、抗争中に両者絶滅
●いすゞ ビークロスさん : 外観と内装のギャップがデカすぎて絶滅
●ホンダ アヴァンシアさん : ミニバンに喧嘩を売って絶滅
●スバル インプレッサカサブランカさん : 思いつきで発売し、やはり絶滅


■【番外コラム】時代が早すぎて絶滅したかもしれないクルマ

発売当時は評論家筋から酷評されたものの、今にして思えば「単に早すぎただけ」という絶滅車種もありそうです。例えばトヨタカリーナED

これなんかは「背の低いセダンなんてのは設計の本質から外れてる!」ってマジメな評論家から怒られてましたが、最近のドイツ車なんてカリーナEDみたいな4ドアクーペばっかですしね。

あとはスズキX-90。「2人乗りのSUV」ってのは当時完全に謎コンセプトでしたが、ご存知の通りスポーティなSUVってのは最近のトレンドです。また日産ラシーンも絶滅しましたが、もう一度作ればインスタ映えして人気になるかも?

トヨタカリーナED

スズキX-90

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ