アルテッツァのメーターにおじさんは感激した!? メーターがイケてた「あの頃」の国産車5選

アルテッツァのメーターにおじさんは感激した!? メーターがイケてた「あの頃」の国産車5選

 運転中は前方の景色から様々な情報を見るため、フロントガラスの先を最も長い時間見ているはずです。しかし、その次に長い時間見るのがメーターではないでしょうか?

 運転席に座った時にメーターのデザインがカッコよかったりするとテンションも上がるだろうし、メーターのデザインによって高揚感が高まる経験をした人もいるはずです。そこで今回はメーターのデザインが独創的でクールなクルマたちをピックアップして紹介していきます。

文/西川昇吾、写真/TOYOTA、SUZUKI、LEXUS、HONDA

■トヨタ アルテッツァ

クロノグラフをモチーフにしたトヨタ アルテッツァのメーター
クロノグラフをモチーフにしたトヨタ アルテッツァのメーター

 1998年から2005年まで販売されていたスポーツセダンアルテッツァ。アルテッツァのメーターにはクロノグラフをモチーフにしたデザインが採用されていました。

 中央のスピードメーターの中に(後期型は中央がタコメーター)油温や水温、電圧のメーターを配置。3つの小さな丸型メーターが配置されているデザインはまさにクロノグラフ時計そのもの。

 クロノグラフの腕時計はモータースポーツシーンを広告に採用することもあるので、スポーツセダンにピッタリなデザインと言えるでしょう。

■トヨタ カローラルミオン

横一線に揃えて統一感を出したトヨタ カローラルミオンのメーター
横一線に揃えて統一感を出したトヨタ カローラルミオンのメーター

 メーターのデザインにこだわりがあるのはスポーティーカーだけではありません。2007年に登場したカローラルミオンのメーターはグッドデザイン賞を受賞しています。

 タコメーターを中心に、丸型メーターとセグメント表示パネルを横一線に配置。統一感の取れたデザインとなっています。メーターとして需要な視認性とデザインを両立しています。メーターデザインとして目指したポイントはユニークでインパネがある中にも信頼感があるデザイン。

 情報を瞬時に認識しやすく、ポップなデザインは機能性とデザイン性を高い次元で両立しています。

■スズキ ジムニー

昔ながらの配置でありながらビス止めの意匠に遊び心があるスズキ ジムニーのメーター
昔ながらの配置でありながらビス止めの意匠に遊び心があるスズキ ジムニーのメーター

 ここにきて現行車も紹介しましょう。現行車は液晶パネルのメーターが増えてつまらないと思う人もいるかもしれませんが、全車がそのようになってしまっている訳ではありません。

 現行ジムニーのメーターはアナログメーターで、タコメーターとスピードメーターの2眼がメインとなっているシンプルな構成です。

 機能性に徹底したジムニーらしいメーターですが、反射を抑えたメータークラスターとボックス基調でビス止めされた縁パネルがジムニーの雰囲気にマッチするギア感を演出しています。

次ページは : ■レクサス LFA

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!