サンキューハザードでトラブル発生!??  「カーコミュニケーション」の意外な落とし穴

サンキューハザードでトラブル発生!??  「カーコミュニケーション」の意外な落とし穴

 お店の入り口の自動ドアが開き、店内に入ろうとしたら店内から出る人が……。こんなとき、「どうぞ」「ありがとう」と双方が声をかけ合うことはよくある。

 歩行者であれば、こんなコミュニケーションをとることは簡単だが、クルマに乗っていると言葉による意思疎通をはかることはかなり難しい。この場合、クルマの装備による合図や身振りを使うことになるのだが……。

 今回は、下手すればトラブルにもなりかねない、ちょっと難しいカーコミュニケーションシーンについてのお話を。

文/今坂純也(DIRT SKIP)、写真/スバル、写真AC

非公式なものが氾濫! 「カーコミュニケーション」について

トラブル率高し!! 「カーコミュニケーション」の落とし穴
去り際にブレーキランプ5回点滅で「ア・イ・シ・テ・ル」なんて浮かれた時代も。若かりし頃、使ったことがあるという人もいるのでは? よく考えると非常に危険……

 “カーコミュニケーション”という言葉を知っているだろうか? クルマに乗っていると言葉によるコミュニケーションをとることはほぼ無理。よって、ドライバー同士はウインカー他による合図や手信号・身振りなどによって意思疎通をはかることになる。

 道路交通法によって決められている公式なものとしては、右左折や進路変更時のウインカー、後退時のバックランプなどがあるが、非公式なものとしては合流時に「ありがとう」の意味で出す人の多いハザードランプや、有名歌手が歌詞として歌ったことで有名になったブレーキランプ5回点滅(古い?)。これらを総称して「カーコミュニケーション」と呼ぶ。

 公式なカーコミュニケーションは免許取得時に習うために共通理解となり誤解されることはまずないが、なんとなくドライバー間で使われている非公式なカーコミュニケーションはドライバー同士の共通理解とならないこともある。

危険を知らせるつもりがクラクション鳴らしま魔に勘違いされ…

トラブル率高し!! 「カーコミュニケーション」の落とし穴
ちょっとしたことでもクラクションを鳴らすような人が多いが、クラクションが原因のトラブルは多い。基本、クラクションを気軽なコミュニケーションツールとして使ってはならないのだ

 渋滞している道路をノロノロ走行中、車道左後方から自転車が走ってきたのをバックミラーで確認。その時、前方を走るクルマがガソリンスタンドに入るために左ウインカーを出しつつ左折を開始したので、思わず「危ない!」の意味でクラクションを鳴らしたら前車からムッとした表情のドライバーが降りてきて……。

 結果的には、クルマと自転車がぶつかることはなかったのでよかったのだが、こちらは「危ないですよ!」の意味なのに、前車はクラクションを鳴らされたこと自体に怒りを覚えた様子だった。

 クラクションは音量よりも、鳴らす長さで相手のとらえるイメージが大きく変わってくる。道を譲ってもらったとき、短く「プッ」と「ありがとう」の意味で鳴らす人、急に進路変更されてぶつかりそうになって長めに「ププ~!」と鳴らす人。実はそのどちらも違反なのですが。

 そもそもクラクションは「“警笛鳴らせ”の標識のある場所を通る時や、“警笛区間”の標識がある区間内で見通しのきかない交差点、曲がり角、上り坂の頂上を通る時は鳴らさなければならない」とされており、それ以外では鳴らしてはいけないものなのだ。

 ただし、「危険を避けるためやむを得ない場合は鳴らすことができる」ので、前述の件は違反とはちょっと言い切れない部分もあるが、いまのご時世では残念ながら勘違いされがちだったかも。

 こちらが悪者になるしかなかったのか……(泣)。

次ページは : ありがた迷惑の極み!?  「サンキューハザード」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!