長引くオーダーストップ…「なら中古を!!」な人に薦めるランクル300賢い買い方と売り方

長引くオーダーストップ…「なら中古を!!」な人に薦めるランクル300賢い買い方と売り方

 トヨタのフラグシップSUV「ランドクルーザー」。現行モデルである300系は2021年に登場となったモデルだが、発売前から受注が殺到し、バックオーダーが山積みとなった結果、現在(2023年4月末)受注停止となっている。

 しかし中古車市場には、中古の300系が徐々に流れてきており、しかもその相場は、徐々に下落をしはじめている。中古の現行300系ランクルを購入しよう!! という方に向けて、現行300系ランクルに賢く乗るワザをご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

高いリセールを狙うならば、「ガソリンツインターボのZX」を選ぶべし!!

 300系ランクルのパワートレインは、3.5L V6ツインターボガソリン(VJA系)と、3.3L V6ツインターボディーゼル(VJA系)の2種類。ガソリン車には最上級の「GRスポーツ」のほか、「ZX」「VX」「AX」とエントリーの「GX」、ディーゼル車には、「GRスポーツ」と「ZX」がラインアップされている。駆動方式は全車4WD、トランスミッションは全車10ATで、ガソリンGXとディーゼルは5人乗り仕様のみとなっている。

 燃費性能は、ガソリン車がWLTCモードで7.9km/L(ZX 7人乗り)、ディーゼル車は9.7km/L(ZX 5人乗り)と、パワートレインの違いで約2割も異なる。ランクルにどこまで燃費を求めるのかはユーザーの価値観次第となるが、ロングドライブならばリッター10km/L超えも余裕で狙える「ディーゼル」という選択があるのは嬉しいところ。車両価格はディーゼル車のほうが高めの設定で、税込760~800万円、ガソリン車は510~770万円だ(2023年4月末時点)。

 ランクルの流通に詳しい中古車買取店の担当者によると、ランクルの売れ筋グレードは、先代の200系ランクルのときと同じく、300系もガソリンの「ZX」だそう。20インチアルミホイールや、LEDシーケンシャルターンランプ、電動ムーンルーフ、パワーバックドア、カラーヘッドアップディスプレイ、その他内外装のメッキ加飾などが標準装備となるラグジュアリー仕様であり、これを選んでおけば300系の魅力を余すことなく体験できる。

 GRスポーツや、ディーゼルのZXのほうが定価は高いのだが、中古車市場で需要がより高いのは、ガソリン車のほう。人気グレードを選んでおくといいリセールが期待できることは、クルマを購入する際には覚えておきたいこと。300系ランドクルーザーでは、ガソリンツインターボの「ZX」がテッパンのグレードだ。

2021年8月に発売開始となった300系ランドクルーザー。一時期は4年待ちという納期がホームページに表示されていたが、現在は受注停止となっている
2021年8月に発売開始となった300系ランドクルーザー。一時期は4年待ちという納期がホームページに表示されていたが、現在は受注停止となっている
ガソリン車には7人仕様があるが、ディーゼル車には5人仕様だけしかない
ガソリン車には7人仕様があるが、ディーゼル車には5人仕様だけしかない

次ページは : 中古車相場は下落基調、手頃な価格で登場するまで継続的にリサーチを

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!