「二刀流」なんてもんじゃない!! 走ってヨシ! 積んでヨシ! 後悔なしの超優秀車4選

「二刀流」なんてもんじゃない!! 走ってヨシ! 積んでヨシ! 後悔なしの超優秀車4選

 大谷翔平選手の投打にわたる活躍で一気に浸透した“二刀流”という言葉。しかし、MLB広しといえども、二刀流で活躍しているのは大谷選手のみ。

 いっぽう、自動車の世界ではどうだろうか? “走ってヨシ”だけにはとどまらない二刀流のクルマは数えたらキリがないほど存在する。どうせ乗るなら走りだけではなく、他にも「これは!」という際立った能力を兼ね備えたクルマがいいと思うのは誰でも同じ。だったら、二刀流のクルマを探してみませんか?

文/FK、写真/トヨタ、スバル、フォルクスワーゲン グループ ジャパン、マツダ

VWのゴルフR ヴァリアントは走りの良さが際立つ“R指定”のステーションワゴン

走って良し…だけじゃない! マルチな能力を発揮する二刀流車4選
スマートな走りも刺激的な走りも思うがままという使い勝手の良さがうれしいゴルフR ヴァリアント。フロントグリルの“R”ロゴがタダ者ではない雰囲気を醸し出す

 SUVやミニバンの勢いに太刀打ちできず、今や風前の灯火といった状況にあるステーションワゴン。

 しかし、ハッチバックのゴルフ Rとともに2022年10月にデビューしたステーションワゴンのゴルフ R ヴァリアントは、市街地における紳士的な振る舞いとは裏腹にワインディンロードではスポーツカー然としたホット走りを披露してくれる二刀流の代表格だ。

 その心臓部にはRの名にふさわしい最高出力320PS&最大トルク42.8㎏mを発生するゴルフ史上最強の2.0リッター直列4気筒DOHC 4バルブインタークーラー付きターボエンジンを搭載するが、その走行性能を高めているのはエンジンだけではない。

 プロのレーシングドライバーなみのクイックな変速を可能にした7速DSGトランスミッションをはじめ、走行状況に応じて前後輪のトルク配分を制御しつつ左右後輪のトルク配分も最適制御することで旋回性能を高めるRパフォーマンストルクベクタリング、先代モデルからのインチアップで高い制動力を実現した18インチブレーキシステムなど、走る・曲がる・止まるを徹底追求するR専用の装備が満載されているのだ。

 また、エクステリアはR専用デザインのバンパーを採用するとともにサイドシルも専用のボディカラー同色となっており、リアに採用されたグロスブラックのディフューザーと4本出しのエクゾーストパイプもスポーティな雰囲気をいっそう高めている。

 とはいいながら実用性にも長けており、4650mmの全長に対してホイールベースが2670mmと長めに設定されていることから室内空間は大人4人が乗っても広々としており、ラゲージスペースも最大1642リッターと必要にして十分な積載能力を備えている。

 走りが良くて室内も快適で、しかも荷物もたっぷり積めるなんて、これってもはや三刀流!?

次ページは : 日本のステーションワゴンにはスバルのレヴォーグがあるじゃないか!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!