レクサス中古バブル崩壊で「買い時」到来!! 大人気RXを中古で狙う方法と賢い売り方

レクサス中古バブル崩壊で「買い時」到来!! 大人気RXを中古で狙う方法と賢い売り方

 もっとも売れているレクサス車である「RX」。2022年11月に5代目へと切り替わったものの、かねてよりの生産調整の影響もあり、いま発注しても、納車までかなり待たなくてはならないようだ。

 ただ、RXは先代モデルであっても、十分に魅力的。先代とはいえ、まだ切り替わって半年ほどと商品力は問題ないし、もちろん新型のほうが新しい装備も満載されているが、先代の装備でも十分と考えるならば、いち早くRXに乗ることができる先代を選ぶというのも賢い選択ではないだろうか。そんな「先代RXを購入したい!!」という方に向け、先代RXの賢い買い方、得する売り方についてご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:LEXUS

先代RXは、「F SPORT」を選ぶべし!!

 先代RXは、2015年10月に登場した。パワートレインは、2.0L直4ガソリンターボの「RX200t」(のちにRX300に改名)と、3.5LV6エンジン+モーターの「RX450h」の2種類で、グレード構成は「標準」と、ラグジュアリーな「バージョンL」、そしてスポーティな「F SPORT」の3段階、駆動方式はFFとAWD(RX300のF SPORTはAWDのみ)だ。2017年12月には、3列シートのロングバージョン「RX450hL」も追加している。

 最後のマイナーチェンジは2019年8月だ。主な変更点は、ヘッドランプ薄型化、グリルの内部形状を変更(横型からブロック型へ)、前後バンパーデザイン変更、リアコンビランプ形状変更、アルミホイールデザイン変更、ナビをタッチディスプレイ化、予防安全システム(LTA、ロードサインアシスト、ブラインドスポットモニター等)を標準装備、全車パドルシフト標準装備、フリクションショックアブソーバー追加、F SPORTにパフォーマンスダンパー追加など。車両価格は、RX300が税込503~630万円、RX450hが615~758万円、RX450hは781万円であった(2022年11月末時点)。

 中古車の流通に詳しい中古車買い取り業者によると、先代RXの売れ筋グレードは、RX300 F SPORT(2WD)と、RX450h F SPORT(AWD)だったそう。リセールを考えれば、ガソリン車ハイブリッド車いずれにせよ、人気のグレードである「F SPORT」を選びたいところ。できることならば、2019年8月のMC以降のモデルだと、リセールがさらに有利となる。

2019年8月にマイナーチェンジをした先代のRX300 F SPORT。ヘッドライト、フロントグリル、リアバンパーなど、大々的な改良が施されている
2019年8月にマイナーチェンジをした先代のRX300 F SPORT。ヘッドライト、フロントグリル、リアバンパーなど、大々的な改良が施されている
レクサス車の魅力のひとつがインテリアの質感の高さだ。所々にあしらわれたメッキ調パネルや、本革の表皮など、輸入車を超える見た目と質感を備えている
レクサス車の魅力のひとつがインテリアの質感の高さだ。所々にあしらわれたメッキ調パネルや、本革の表皮など、輸入車を超える見た目と質感を備えている

次ページは : 中古相場は今後さらに下落の見込み、様子見ながら買うべし!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!