【HV? ディーゼル? ターボ??】SUVに最適なパワーユニットはどれ!?


 SUVの人気は衰えを知らない。車高があるからさまざまな路面状況にも適応しそうだし、4WDもある。さらにアイポイントが高いから渋滞でも遠くまで見通せて安全。そして、スタイルもいい。近年デザインが洗練されてきて、ファッション性も増してきた。

 では、最近のカジュアルなSUVにはどのような種類のエンジンがベストなのだろうか? ということで、ハイブリッド、ターボ、ディーゼルの3種類のエンジン搭載モデルを一気乗り。

 ハイブリッドのXV e-BOXER、ディーゼルのCX-3、ターボのエクリプスクロスに乗って感じたそれぞれの特長をもとに、どれが最もSUVにマッチしたパワーユニットかを考察したい。

文:松田秀士、永田恵一/写真:平野学
ベストカー 2019年4月26日号


燃費を含めた経済性はディーゼル有利

CX-3/エンジン:1.8L直4ディーゼルターボ(116ps/27.5kgm)、WLTCモード燃費:20.0-23.2km/L、価格:243万6480-306万2080円

 まず気になってくるのは経済性だろう。経済性を優先するなら間違いなくディーゼルモデルに軍配が上がる。なんたって軽油は安い。

 さらにクリーンディーゼルは燃費がいい。CX-3なら17.0km/L前後はふつうに出るはず。ボクの経験からいうとCX-8あたりでも13.0km/L前後だった。

 これに続くのがガソリンハイブリッドだ。XV e-BOXERは加速性能に趣を置くハイブリッドだが、自然吸気の2Lエンジンとモーターの組み合わせ。

 それでも、実燃費により近いといわれるWLTCモードで15.0km/Lという数値。実際の走行では13.0km/Lとみてよいだろう。レギュラーガソリンだ。

 そして、一番燃費的に不利なのがエクリプスクロスの1.5Lターボといったところ。こちらはJC08モードで14.0km/Lと記されているので、実用では10.0km/L前後と予想される。こちらもレギュラーガソリン仕様だ。

効率だけでは計れないSUVのパワートレーン選び

XV e-BOXER/パワーユニット:2L水平対向4気筒(145ps/19.2kgm)+モーター、WLTCモード燃費:15.0km/L、価格:282万9600円

 では次に、ベースとなるガソリン車に対してディーゼル、ハイブリッド、ターボのそれぞれの価格差はどの程度なのか? 要するに燃費やパワーの増強ぶんがいくらなのかを見てみよう。
 まず、CX-3はベースのガソリンモデルに対してプラス約30万円。XV e-BOXERは装備類に差はあるがプラス約12万円。エクリプスクロスに関してはすべてターボモデルとなるので差はないと考える。

 ということは経済性でそれぞれCX-3は約30万円、XV e-BOXERは約12万円の投資ぶんをエクリプスクロスとの燃費差で奪い返せるのか?

 正直、投資に見合ったお釣りは期待できないだろう。しかも、この議論を始めたらこの3車以外にも効率のいいモデルが出てくるだろうし、こうした部分だけでクルマを判断すると楽しくない。

 SUVを買うならこのモデルにしてよかった! と心から思えるパワートレーンにしてほしい。

次ページは : SUVの個性に最も合ったベストユニットは?