ガソリンの二重課税にクルマの納期長すぎ……自動車ユーザーの思いよ届け!! クルマ界に物申す

ガソリンの二重課税にクルマの納期長すぎ……自動車ユーザーの思いよ届け!! クルマ界に物申す

 自動車ユーザーを苦しめるガソリン価格の高騰や、解禁された電動キックボード問題など、最近のクルマ界を見ていて「物申したいことが山ほどある!」と考える読者も多いのではないだろうか。

※本稿は2023年9月のものです
文/片岡英明、渡辺陽一郎、疋田智、諸星陽一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

■JAFも怒る! ガソリン税のTax on Tax。高騰するガソリン価格を何とかしろ!

トリガー条項が発動されれば、自動的に1Lあたり25円安くなる。政府は利権よりも国民の生活を守るべきだ!!
トリガー条項が発動されれば、自動的に1Lあたり25円安くなる。政府は利権よりも国民の生活を守るべきだ!!

 円安の煽りを受け、ガソリン価格が一気に上昇し、一時は200円の大台を超えた。ガソリン価格は原油価格と為替市場の動向によって決まる。サウジアラビアが意地悪く減産を打ち出し、円安も長く続きそうだから、しばらく原油価格は下がらないだろう。

 しかも日本のガソリン価格はガソリン税に消費税を課す「二重課税」だ。JAFが政府に声明を出したのは当然だよね。もう1つ不可解なのはガソリン価格が1Lあたり160円を超えると税金の半額が免除されるトリガー条項があるのに、これを政府が何度も見送り、絶対に発動しようとしないことだ。

 25.1円上乗せの「当分の間税率」をいつまで続けるつもりなんだ。特別税率を廃止するトリガー条項は、東日本大震災の復興予算を名目に凍結された。財務省と自民党は都合のいい税源を失いたくないのだ。野党が政権を握っている時の条項だから自民党は反対しているという側面もある。

 ドライバーは声高に二重課税に反対を唱えよう。いつまで騙し続けるんだ!!

(TEXT/片岡英明)

■発売開始時点ですでに買えなくなっている最近の人気車、どうなってるのよ!

アルファードは発売直後に2年待ちになり、いまや最長5年待ちのグレードも……。乗り換えたくても供給されないんじゃ、どうしようもないぞ!!
アルファードは発売直後に2年待ちになり、いまや最長5年待ちのグレードも……。乗り換えたくても供給されないんじゃ、どうしようもないぞ!!

 アルファードとヴェルファイアは、2023年6月に発売されたあと、納期が大幅に遅延した。今では「受注を停止した」と返答する店舗も多い。

 KINTOの取り扱い店では対応しており、アルファードの場合は7~9カ月で納車される。ただしKINTOは定額制カーリースで、契約期間を終えてもユーザーは車両を買い取れない。

 先代型のアルファードとヴェルファイアは、半導体などの部品供給が滞って納期が著しく遅れた結果、2022年6月に受注を止めた。そのために2023年6月まで、約1年にわたり実質的に販売しておらず、現行型の発売と同時に注文が殺到した。ただしこれはメーカーの事情で、ユーザーに理解を求める事柄ではない!

 SUVスタイルで登場した新型センチュリーも供給台数が少ない。商談の申し込みをウェブで受け付けて「事前審査」を行う販売会社もある。商談する前に審査で落とされる場合も想定され、クルマを買う時に入社試験を受けるような仕組みだ。

 誰でも気持ちよく買えることが求められている!

(TEXT/渡辺陽一郎)

次ページは : ■ダイハツの不正、その後どうなった!? 中間報告もないのは誠実さに欠けるのでは!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号